NO IMAGE

化粧品の配合成分の表現について 東京都福祉保健局の見解

化粧品の配合成分の表現について

注釈:赤字部分が医薬品医療機器等法上の違反字句です。

広告例

フランスの広大な大地で育まれたブドウの種から搾り取った「ブドウ種子油」を配合した化粧油です。ブドウの種からとれる油には、お肌に対する抗酸化作用があるといわれています

現地の農家と契約し、無農薬の原料を供給してもらっています。
いつも、一定の品質の商品が提供できるよう、日々努力をしています。

図 イラスト(ブドウのイラスト)

ブドウ種子油とは
この成分は、酸化防止作用が強く、お肌を酸化から守ってくれます
それと同時に、肌に潤いを与え、健やかな肌を保つことができます。

製品名 ○○○○

内容量
50ミリリットル入り
10ミリリットル入り(携帯用)

問い合わせ先
○○○販売センター
電話 ○○○○-1234

解説

配合成分の表現について(化粧品)

化粧品に配合されている成分のうち、一部の成分を特記する場合、その成分の「配合目的」を併記する必要があります。
配合目的を記載する場合は、次の点に注意して下さい。
1 事実であること
2 化粧品の効能効果の範囲内であること

表現が不適正な例

・化粧品の効能効果の範囲を越える表現
例:生薬成分○○○、漢方成分○○○
例:アロエエキス配合(消炎成分)
例:本品は老化を予防すると言われている「ウコン」を含有しています。

表現可能な例

(事実であることを前提としています。)
例:カミツレエキス(保湿成分)配合
例:お肌にうるおいを与える成分としてロ-ズマリ-エキスを添加しました。

 

引用元
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/smph/kenkou/iyaku/sonota/koukoku/huteki/iyabu_cos/ihan13.html

NO IMAGE
SNSで最新情報をチェックしよう!
>化粧品ビジネスマッチングサイト 「Benten」

化粧品ビジネスマッチングサイト 「Benten」

オリジナルコスメと作りたい、D2Cブランドを作りたい、輸出したいなど化粧品のあらゆる悩みを解決するビジネスマッチングサイト

CTR IMG