健康食品の集客をしたい!広告代理店のメリット・デメリットは何がある?

健康食品 広告代理店 メリット デメリット

多くの企業が商品を製造して販売する際に、集客方法で悩まれると思います。良い商品を製造しても売れなければ継続して製造をおこなうことができません。特に、飲料や食品業界の健康食品の集客方法は難しいです。健康食品の印象として、「効果がない」「怪しい」「継続しないといけないからお金がかかる」など悪いイメージがある人もいます。そのため、企業が素晴らしい商品を製造しても買ってもらえない可能性があります。それでは、どのような宣伝方法があるのでしょうか。宣伝方法には、数種類のマーケティング戦略があります。例えば、アフィリエイト広告、メールマガジン、ポスティング広告など多くの広告方法があります。この記事では、集客を拡大する広告代理店の活用や広告代理店の種類、広告代理店を活用するメリット・デメリットについて紹介します。

 

健康食品は集客力がダイレクトで売り上げに繋がる

スーパーや百貨店などで、「これ1粒で免疫力アップ!」「1日の野菜はこれ1本!」など健康を意識した商品が多く陳列されています。コロナの影響によって、運動不足や食生活の偏りが生じたことで、健康食品に対する需要は更に増えました。

しかし健康食品の需要が増えたからと言って、良い製品を作れば売れるわけではありません。なぜなら、一般人には健康食品を選ぶ判断基準が備わっていないからです。

成分表を見たところで理解出来る人は少ないので、どの商品を選べば良いのか迷うところでしょう。

また、健康食品は薬と違って、摂取してスグに効果を実感できるモノでもありません。

長期的に摂取して初めて製品の価値に気づくことが出来ます。

製品の善し悪しが分かりづらい健康商品こそ、知名度やイメージなどの集客、宣伝力が売り上げにダイレクトに繋がってくると言えます。どのような集客をすれば健康食品の売り上げはあがるのでしょうか。オススメの集客方法は『広告代理店』に、集客・宣伝を依頼することです。

健康食品の集客は広告代理店に任せるのがオススメ

広告代理店とは、自社に代わって販売を代理でしてくれる会社のことです。クライアントから製品をどのように販売したいかなど要望を聞き、メディアを活用した集客を提案して、商品やサービスの売り上げをサポートしてくれます。

具体的には、以下の媒体で宣伝を出します。

  • 新聞
  • 雑誌
  • テレビCM
  • Webメディアなど

『広告代理店』と言っても、様々な種類があります。広告代理店の種類と特徴を知ることで、より自社に合った集客が可能になります。一般的な代理店を3つ紹介します。

販売代理店(代理店)

最も一般的な代理店。代理店と聞くと思い浮かべるのが販売代理店です。販売から顧客対応までを一手に引き受けるのが業務内容です。

紹介代理店

紹介代理店は他の代理店と違って、サービスや製品を直接販売しません。

製品に興味を持った顧客を、契約手続きしてくれる別会社に紹介するまでが業務内容です。

メーカーと顧客の契約が無事に完了すると、メーカーから紹介代理店にマージンが支払われるという仕組みです。

OEM

メーカーの商品名は出さず、代理店の商品名で販売します。完全に代理店が顧客対応をします。代理店にも様々な種類があります。

 

広告代理店のメリット・デメリット3選

広告を出稿する場合、「営業部署を作れば良いのに、なぜ代理店に仕事を依頼するのか」など

疑問を感じる方もいるでしょう。代理店に集客を依頼するメリットは主に次の3つが挙げられます。

  • 営業部隊を用意しなくて良い
  • 販路の拡大が可能
  • 販売戦略の見直しが容易

営業部隊を用意しなくて良い

自社で営業を雇うと採用したり教育するために膨大な資金を要します。しかし、代理店制度を活用すれば自社で営業マンを雇うよりも比較的安価に営業部隊を揃えることが可能です。

浮いた分の資金を製品開発費にまわすことで、更なる売り上げに期待できます。

販路の拡大が可能

自社の営業部隊で集客をしている会社であれば、その営業マンの活動地域限定でしか集客することが出来ません。しかし、代理店の営業部隊は全国や世界中に存在します。そのため、自社の商品の知名度を迅速に広めることが可能です。集客・宣伝力が直接的に影響する健康食品業界であれば、宣伝のスピードは重要な鍵となってくるでしょう。

販売戦略の見直しが容易

商品のターゲット層を変更する際には、販売の戦略を変更する必要が出てきます。その際、代理店であれば容易に戦略を変更することが可能です。

仮に自社で営業部隊を雇っている場合であれば、営業部隊の拡大・縮小に伴う労力は大きいです。しかし、広告代理店に依頼すれば代理店の数を増やしたり、代理店先を変更するだけで解決します。そのため、自社の営業部隊ではなく広告代理店に依頼することが主なメリットです。広告代理店に依頼することで以下のようなデメリットも発生します。広告代理店を利用することのデメリットは、次の3つが挙げられます。

  • コントロールが難しい
  • 商品の価値が下がる
  • 商品の改善が難しい

コントロールが難しい

商品の売り上げが上がると、営業の規模が拡大する分、質の悪い代理店を雇ってしまい、結果的にクレームの件数も増えるリスクがあります。十分な商品説明をせずに、売り上げのことだけを考える営業が出てくると、その分メーカーのイメージ低下にも繋がります。自社の営業部隊に比べて、広告代理店の営業マンは管理が通りづらいのが難点といえるでしょう。

商品の価値が下がる

広告代理店の規模を拡大するというのは、営業マンからしたら競争率が上がるということです。全く同じ商品を販売する営業マンが増えると、値下げをしてライバルよりも優位に立とうとする営業も出てきます。しかし、勝手に商品の値段を下げられると、商品価値も低下してしまうので長期的に見るとマイナスになる傾向があります。

商品の改善が難しい

自社の営業マンを雇うのと違って、現場の声がメーカーに届きづらくなります。顧客の声をメーカーが把握しているほど、お客様に寄り添った商品の開発が可能です。その声がメーカーに届かなくなると、開発者視点の商品が開発されます。

広告代理店と一言でまとめないことが大切

広告代理店のメリット・デメリットについて紹介してきました。商品は同じでも商品を扱う人(販売員)によって商品のイメージは大きく左右します。

一言で広告代理店と言っても、様々な会社があります。

その会社が、どのような方針で販売をしているのか、どのような意識を持って仕事をしている社員がいるのかなど多くの要素を考慮する必要があります。

そんなことに注目して広告代理店に依頼することが、自社の製品の売り上げを上げるために大切な要因になってくると考えられます。また、販売員の知識やスキルにも依存をするので、企業で販売員の研修をおこなうことで一定の販売スキルや知識を身に着けることも重要になります。

まとめ

この記事では、広告代理店の種類や広告代理店に任せた場合の出費などの考慮すべき要素を紹介しました。広告代理店を利用することで売上が確実に上がるわけではありません。しかし、広告代理店は宣伝のプロなので商品やサービスの推進、認知度を上げることは有効です。自社に合った宣伝方法や広告代理店ごとに得意分野が異なるので、どのような戦略で広告を出稿するのか市場規模や認知度の広まり方を考慮して広告代理店を活用してください。この記事を読んで、広告代理店のメリットやデメリットを理解していただければと思います。

 

執筆者:OEMビジネスドットコム 編集部(株式会社Cogane studio)

OEMビジネスドットコムのコンテンツ作成を担当しています。株式会社Cogane studioでは、化粧品や健康食品ビジネスに関するマッチング、専門的な情報発信を行っています。

 

化粧品、健康食品ビジネスでお困りごとがあるお客様は是非下記フォームより

ご連絡ください。後ほどスタッフよりご返答させて頂きます

 

 

健康食品 広告代理店 メリット デメリット
SNSで最新情報をチェックしよう!
>化粧品OEMビジネスマッチングサイト 「Benten」

化粧品OEMビジネスマッチングサイト 「Benten」

化粧品OEMを探している、オリジナルコスメと作りたい、D2Cブランドを作りたいなど化粧品のあらゆる悩みを解決するビジネスマッチングサイト

CTR IMG