健康食品メーカーの広告をSNS代行

健康食品メーカー必見!SNS代行を利用した広告運用について

健康食品メーカーの広告をSNS代行

健康食品市場は年々その規模が増えていると言われています。

その一方で企業側は、競合他社との差別化や、広告表現規制などの様々なマーケティング上の課題を抱えているのが実情です。

健康食品やサプリメントは現代人の健康を支えるものとして、とても身近のものとなっていますが、

一方では、口から体内に摂取するものであるため、消費者は商品購入について多くの不安も抱えています。

このような消費者の不安を少しでも解消して売り上げに導くために、企業はそれぞれ、いろいろなマーケティング施策を試しながら運用しています。

とくに近頃では、企業側からの情報発信に対する消費者の信頼性が薄くなっており、企業発信の広告よりも、消費者目線でのインターネット上の口コミの信頼性が高まっています。

さて、健康食品のマーケティングにはどのようなものがあるのでしょうか?

この記事では、健康食品のマケティングの例と、とくに人気のあるSNSを利用した広告運用についてまとめていきます。

健康食品メーカーのマーケティングの例

健康食品のマーケティングの例として以下に挙げます。

  • 4マスと言われる、新聞、雑誌、テレビ、ラジオ
  • ニッチメディアと言われる。フリーペーパー、交通広告、屋外看板、映画広告など
  • インターネット広告
  • LINEやFacebook、YouTubeなどのSNS広告
  • リスティング広告などのサーチエンジンマーケティング
  • 販売促進のための、サンプリングやDM広告、同封広告など

健康食品のマーケティングはこのように多岐にわたります。

企業はそれぞれの特徴を理解した上で、商品にあった広告媒体を選択する必要があります。

また、健康食品の広告表示には、広告表現における注意点があり、場合によっては法律に引っかかってしまうことがありので注意が必要です。

健康食品メーカーにおけるSNSマーケティング、SNS広告とは

SNSマーケティング、SNS広告とは、インターネットを使った「口コミ」によって、自社製品を広めてもらうことやその戦略を指します。

最近では、消費者がインターネットやSNSを使って情報収集することが当たり前の時代となっています。

消費者がより信頼性の高い情報を求めるようになってきたことによって、企業主体の宣伝広告よりも、消費者の目線により近いインフルエンサーなどの影響力が高まっています。

それに伴い、今まで主流だったSEOや検索と連動したWeb広告によって消費者を惹きつけることが難しくなってきており、SNSマーケティングの需要が加速して増えてきています。

広告で使えるSNSには以下のものが挙げられます。

  • Facebook
  • twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

とくに健康食品は、口から体内へ取り込む商品であるため、安心・安全であることが何よりも大切となります。

そのため、SNSによる口コミ情報が商品の信頼性を高めてくれて、それによって、健康食品の購入へのハードルを下げてくれるのがSNSの大きな役割です。

化粧品、健康食品ビジネスマッチングサイトBenten

SNSマーケティングのメリットとデメリット

SNSマーケティングのメリット

  • 情報伝達が速い

SNSが今までの宣伝媒体と大きく異なる点は、リアルタイムで情報を投稿できることです。

そのため、宣伝してから反応や結果が出るまでが飛び抜けて速いのが特徴です。

  • 認知の拡大幅が広がる

SNSは情報拡散力が高いため、その力を利用することで、ウェブサイト以外の認知経路を増やすことができます。

  • 新規の顧客が獲得しやすい

SNSで情報が拡散されることで、今までのユーザーの範囲を超えて、不特定多数のユーザーに認知されるため、潜在顧客の発見に繋がります。

  • ブランディング効果が高まる

SNSへ定期投稿をしていくことで、ユーザーとの接点回数を増やすことができます。

それによって、消費者の企業や商品サービスへの理解が深まりやすくなります。

  • 信頼性をより高められる

SNSを通して、企業がユーザーと積極的に関わることができるため、親密度が深まり、企業への信頼性を高めることができます。

  • コンテンツへの誘導ができる

ウェブサイトなどのコンテンツをSNSへ投稿することで、SNS以外への誘導を増やすことができます。

  • 広告コストの削減

SNSに投稿することが宣伝となるため、情報が上手く拡散すれば、その分の広告費を抑えることができます。

  • 反応が数字でわかる

SNSは、投稿する度にユーザーの反応を数字でダイレクトに見ることができ、速やかに分析と改善を行うことができます。

SNSマーケティングのデメリット

  • 成果が出るまで時間がかかる

SNSを始めてもすぐに効果に直結することはなく、継続的にコツコツと運用する忍耐強さが必要となります。

  • 成果が分かりにくい

投稿への反応は分かりやすい反面、ほとんどはSNS以外の経路から成果を得ることになるため、一見成果が分かりにくいことがあります。

  • 悪い情報が拡散してしまう

SNSでは情報拡散のスピードが速い分、企業にとって不利益な情報も一瞬で広まってしまうことがあるため、発信する情報の内容を慎重に選択する必要があります。

  • 発信した情報の修正ができない

SNSに一度投稿してしまった情報は、削除したとしても、なんらかの形式でデータが残ってしまうことがあるため、拡散した投稿を全てなかったことにするのは難しいと言われています。

これらのメリット、デメリットを踏まえても、SNSマーケティングは非常に有効であると言われています。

それは、マスメディアから情報を得ていた時代から、今ではSNSから情報を得ることが圧倒的に多くなってきているからです。またネット検索にしても、Googleなどの検索エンジンを活用していた時代から、今はSNSで検索することの方が、口コミなどでより信頼性の高い情報を得ることができるという価値観が増えてきています。

このように、消費者側の情報ツールがSNSに移行している、という点がSNSマーケティングを有効にさせている大きな理由と言えるでしょう。

早速SNSマーケティングを運用していこうとしても、ノウハウに欠けていると、効率よくプロモーションするのは難しいでしょう。そのために、SNS運用を第三者にお任せできる、SNS代行業者というものが存在します。

以下に、SNSN代行業者を利用するメリットとデメリットをまとめていきます。

SNS代行業者のメリットとデメリット

SNS代行業者のメリット

  • 本業に専念できる

SNS運用はかなりの時間と手間がかかります。特に、初期のアカウント立ち上げには多くの時間と労力が費やされるため、軌道に乗るまでは大変です。

そのため、運用代行サービスを利用することで、SNS運用にかかる負担を軽減して商品の企画開発の部分に力を注ぐことができいます。

  • 広告の成果が出やすい

SNSを自社で一から始めるためには、ノウハウを学び試行錯誤していく必要がありますが、代行会社はその道のプロであるため、自社で運用するよりも広告の成果があがりやすく、結果を得られるまでの時間も短くなる傾向があります。

  • リスクを軽減できる

前述した通り、SNSは一度発信してしまったことを完全に取り消すことが難しいという特徴があります。

一度情報漏洩や炎上が起こってしまうと、ブランドの信頼を失うという大きなリスクに繋がります。

SNS運用のプロに業務を委託することで、これらのリスクを減らすことができます。

  • 24時間の監視体制がある

SNS代行業者には24時間の監視体制により、不適切なコメントや炎上に繋がりそうな問題を潰してアカウントを健全な状態に保ってくれるサポートがあります。

SNSは、発信した瞬間から24時間いつでも不特定多数からのアクセス可能であるため、危険なコメントが挙がるかどうかを見張り続けることは困難です。

このようなサービスを利用することでアカウントが守られ、安心したSNS運用を行うことができます。

SNS代行業者のデメリット

  • 費用がかかる

基本的にSNSは無料のサービスであるため、広告費を安く抑えることがメリットです。

しかし、代行業者を利用することで月に数万円~数十万円のコストが発生し、効果がなければ赤字でになってしまいます。

特に小規模の運営では割高になる可能性があるため、予算に見合ったプランを選んだり、複数の業者から見積もりを取るなどして、事前によく検討する必要があります。

  • 経験やノウハウが自社に残らない

SNS運用代行サービスを利用することで、SNS運用に関する経験やノウハウが社内に蓄積されなくなります。

最終的に自社でSNS運用を行うことを考えての代行サービス利用の場合は、ただ依頼するだけでなく、自社でも手間と時間をかけて経験を積んでいくことが必要です。

  • フォロワーとの距離が遠くなりやすい

本来のあり方としてのSNS広告は、ユーザーと近い距離でコミュニケーションを取りながら宣伝できることがメリットです。

しかし、運用代行に任せてしまうことで、単なる情報発信に終わってしまい、ユーザーとの距離が縮まらないといった結果を招くこともあります。

代行業者を使ったとしても、定期的に運用の内容を確認して、自社で行う部分と代行してもらう部分を調整することで、ユーザーとの距離が近いことによるメリットを生かすよう努力する必要があります。

まとめ

健康食品はより安全性が重視されるという特徴から、SNSは非常に効果的なツールとなります。

しかし、運用には十分なノウハウと、それなりの忍耐や慎重さも必要となりますので、SNSの特徴をしっかりと理解し、SNS運用代行サービスという選択肢も考えながら、リスクをできるだけ低減できる方法を検討していくと良いでしょう。

是非、今後の健康食品のプロモーションの参考にしてみてください。

 

 

問い合わせ

執筆者:OEMビジネスドットコム 編集部(株式会社Cogane studio)

OEMビジネスドットコムのコンテンツ作成を担当しています。株式会社Cogane studioでは、化粧品や健康食品ビジネスに関するマッチング、専門的な情報発信を行っています。

 

化粧品、健康食品ビジネスでお困りごとがあるお客様は是非下記フォームより

ご連絡ください。後ほどスタッフよりご返答させて頂きます

 

 

健康食品メーカーの広告をSNS代行
SNSで最新情報をチェックしよう!
>化粧品OEMビジネスマッチングサイト 「Benten」

化粧品OEMビジネスマッチングサイト 「Benten」

化粧品OEMを探している、オリジナルコスメと作りたい、D2Cブランドを作りたいなど化粧品のあらゆる悩みを解決するビジネスマッチングサイト

CTR IMG