健康食品OEMは小ロットが安い

健康食品OEMを安い価格で試せる小ロットがおすすめ

健康食品OEMは小ロットが安い

健康食品のOEM製造を検討する場合、まずは新製品の製造にかかるコストを算出しなければなりません。繰り返し試作品を作って調整をかける場合などは特に、小ロットから製造を担ってくれるOEMメーカーに依頼しましょう。長期的に関わっていく中でも、何かと都合がつきやすい小ロット開発。今回は健康食品OEMを小ロットから始めるメリットや注意点などについてご紹介します。

健康食品OEMに依頼するメリット

OEMメーカーに製造を依頼するということは、数々のメリットを生み出します。もちろん依頼するにあたり費用は発生しますが、在庫リスクや機材導入のコストと比較しても安価に済む可能性が高くなるでしょう。また新しく自社工場を構えるためには、広い土地や空調設備などから整えなくてはなりません。小さな規模の企業であればあるほど、最初に莫大な資金がかかることは想像に容易いですね。これも、OEMに依頼すれば依頼側は事務所を構えるだけでも運営が可能となります。

さらに、自社工場を持たずOEMに依頼するメリットとして以下のようなポイントが挙げられます。

在庫リスクが減らせる

健康食品OEMで在庫リスクが減らせるのは、製造工程のみを委託することで作業を分担できるためです。OEMメーカーは開発やマーケティングを請け負わないため、製造のみに注力することが可能。毎日過不足ない量を安定的に製造できるため、常に余剰在庫を抱えるなど不測の事態に備える心配がありません。

さらに、OEMメーカーは1つの製品のみ製造しているところは少なく、他社とも契約していることがほとんどです。冷房など特別な管理が必要な製品であっても、他企業の製品と合わせて管理するため、個別に費用が発生することも少なくなるでしょう。

設備の維持費が不要

新たに製品を生み出す際、これまで使用していた機械を使い回せる場合とそうでない場合があります。苦労の末に新商品を編み出しても、設備にかける予算がなければ泣く泣くあきらめなくてはなりません。当然ですが各機械は一度購入すれば使い続けられるわけではなく、定期的にメンテナンスをせねば品質を維持できなくなります。

また、先述した通り製品の保管には冷房等の設備が別途必要となるほか、場所や光熱費等の問題も付随してきます。現在小さな規模で運営している企業であれば、いざ思い立って工場を作るのには莫大な資金が必要となるでしょう。

こういった機械や設備の維持費、保管場所などの問題も、OEMメーカーに委託することで解決します。自社に新しい設備を導入するのに比べても、膨大な投資金額が必要となる可能性が少なくなると考えられます。

人件費の削減

機械を揃えていざ製造を開始しようとする際、思わぬところで人件費がかかることに気づいた……というケースもあるようです。原料の調達、機械メンテナンス、品質管理、配送などありとあらゆるところに人の手が使われているため、規模の小さい企業にとっては命取りとなりかねません。それぞれ経験者を雇おうとしても、なかなか人が集まらない可能性もあるでしょう。

一方OEMメーカーに製造を委託した場合、委託する側の企業に必要なのはOEMメーカーとの架け橋になる人材です。当然OEMや製造工程にも詳しい人材が不可欠ですが、逆にいえば数人の精鋭がいれば事足りるということでもあるのです。

人材が増えるということは、その分退職や引継ぎ、研修といった対応も増えるということ。委託する側の企業に大きな変動がなく、すぐにでも始められるのが健康食品OEMの大きなメリットといえるでしょう。

販売やマーケティングに関する業務をメインに取り組める

製造工程のみ、あるいは店舗や倉庫への配送なども請け負っているOEMメーカー。これらの工程を任せられるため、委託する側の企業は販促業務やマーケティングに注力できます。さまざまな経験を必須とするよりも、マーケティング経験者などに焦点を絞って募集をかけるのも良いでしょう。

販売する商品の中でも、流行に即したものや今までなかった新商品などは大々的にアピールするべき商品といえます。製造に手を取られて肝心の販売工程がおろそかになってしまっては、せっかくの商品が無駄になりかねません。健康食品OEMでは、委託する側の企業にかかる負担を減らすという意味でも大きな役割を担っているのです。

販売数が安定し長期的な利益を見込める

余剰在庫を抱える必要がない健康食品OEMですが、常に生産ラインが稼働している工場も多く販売数が安定するというメリットもあります。既にOEMメーカーで製造している商品の類似品であれば、大きく品質が下がることもなく製造が可能に。仮に何らかの異常が起こった場合も、類似品の生産ラインで代用できるかもしれません。

また、製造に問題が発生しにくいということは、長期的に安定した利益に繋がりやすいともいえます。他社製品の穴をつき供給の薄い製品カテゴリを狙えば、大ヒットの可能性も十分にあるでしょう。

化粧品、健康食品ビジネスマッチングサイトBenten

安い価格で試せる小ロット開発とは

そもそもロット開発は、それぞれの製品ごとに決められた数量を「1グループ」とし、何グループ分を生産するのかといった方法のことを指します。製品を1つ2つと数えるのではなくある程度のまとまりで考えることで、より効率的な生産ができるというメリットがあります。健康食品OEMを始め、化粧品や精密機械部品などさまざまな側面で導入されていますね。

そのロットを少量で生産する「小ロット開発」は、少ないものでは100個単位から生産が可能に。委託する側の企業にとっては、ロスの少ない画期的な方法ともいえます。

一方でOEMメーカーにとって小ロット開発は必ずしもメリットだけがあるとはいえません。むしろ避けては通れないデメリットも存在しており、委託元の企業であってもこの背景を理解しておくことが重要です。

小ロット開発のメリット

小ロット開発のメリットとして考えられるのは、以下のような点です。

  • ロスが出にくく、無駄を省ける
  • 新製品のテスト開発がやりやすい
  • 長期的に見るとコストを抑えられる

少ない個数から開発が可能ということは、万が一販売に至らない製品が出てしまってもそれほど大きな影響が出ないという利点が挙げられます。大口注文に比べコスト的にはかかるように見えますが、何度も試作を繰り替えすことを考えれば無駄になりにくい方法といえるでしょう。

小ロット開発のデメリット

小ロット開発のメリットとして考えられるのは、以下のような点です。

  • そもそも小ロット開発をしてくれるOEMメーカーかどうか見極めなければならない
  • 単価が上がり、ロスが出れば痛手となることもある
  • 何もない状態から製品を生み出すことが難しい

小ロットでの開発は委託元の企業にとってはメリットが大きいですが、OEMメーカーからすればなるべく選んでほしくない方法でもあります。そのためそもそも小ロット開発を請け負っていないところも多く、地域や業種によっては選択肢が狭まることとなるでしょう。

また、少ししか生産しないにもかかわらず金型を作ったり新しい材料を取り寄せたり……という対応ができないメーカーも少なくありません。既存のラインやこれまでの素材・レシピなどを組み合わせて開発することが多いため、「完全オリジナル」の製品を開発したい場合には難しい判断となるかもしれません。

健康食品OEMを始めるならまずは小ロットから

健康食品OEMを小ロットから始められるのは、OEMメーカーが努力に努力を重ねた結果です。完全に無駄を省くなどの企業努力があってこそ、OEMメーカー側に利点の少ない小ロット開発を請け負ってくれるのです。その結果生み出された製品が安定した需要を確立すれば、双方にとって大きな成功といえますね。

委託元企業にとって、新製品を生み出すための小ロット開発は避けて通れない道です。しかしコストカットを考えるあまり、製品の質やそもそもの目的がずれてしまっては元も子もありません。小ロットがゆえの単価アップなどはあらかじめ考慮の上、より良い製品づくりに役立ててみてくださいね。

まとめ

今回は健康食品OEMでおすすめの小ロット開発について、メリットやデメリットなどをご紹介しました。何度も試作を重ねた新製品を作る上でなくてはならない小ロット開発。まずは小ロットからOKと謳っているメーカーをピックアップし、相見積もりを利用して吟味していきましょう。

 

 

問い合わせ

執筆者:OEMビジネスドットコム 編集部(株式会社Cogane studio)

OEMビジネスドットコムのコンテンツ作成を担当しています。株式会社Cogane studioでは、化粧品や健康食品ビジネスに関するマッチング、専門的な情報発信を行っています。

 

化粧品、健康食品ビジネスでお困りごとがあるお客様は是非下記フォームより

ご連絡ください。後ほどスタッフよりご返答させて頂きます

 

 

健康食品OEMは小ロットが安い
SNSで最新情報をチェックしよう!
>化粧品OEMビジネスマッチングサイト 「Benten」

化粧品OEMビジネスマッチングサイト 「Benten」

化粧品OEMを探している、オリジナルコスメと作りたい、D2Cブランドを作りたいなど化粧品のあらゆる悩みを解決するビジネスマッチングサイト

CTR IMG