健康食品OEMのスムージー

健康食品OEMでスムージーを作るには?

健康食品OEMのスムージー

健康に関心の高い方々だけでなく、究極のヘルシードリンクとして注目が集まる「スムージー」。 この記事では、果物や野菜を気軽にとれる「スムージー」とはどんな成分なのか、どんな効果があるのか、また、OEMをする際の流れなどを解説します。

「スムージー」と市場の動向

男女年齢関係なく健康や美容、アンチエイジングに関しては非常に注目が高い分野です。そして、免疫力の向上やダイエットなどに関しては、運動だけでなく体の内側の栄養が非常に重要になってきます。
そのような中、果物や野菜が気軽にとれるスムージーは究極のヘルシードリンクとして日本では専門店ができたり、海外セレブのボディメイクに欠かすことができない飲み物として飲み続けているなど人々の注目が非常に高い状況です。

「スムージー」のメリットとデメリット

メリット

低予算

さまざまな栄養素を果物や野菜から摂取しようとする場合、多くの食材を購入しなければなりません。 そのコストを考えると、スムージーは多くの食材を原材料としていることから、コストパフォーマンスが非常に優れています。

栄養素

果物や野菜に含まれる糖質は、体を動かすエネルギー源として非常に重要です。朝や日中に摂っていただくと非常に効果的です
果物や野菜に含まれるビタミンなどの栄養素の中には、熱に弱いものもあり、加熱調理することにより栄養素が失われてしまうものもあります。 一方スムージーは、果物や野菜を水などで撹拌したものですので栄養素が失われにくのが特徴です。

美味しい

スムージーは、素材本来の味や甘みを引き出したものなので、非常においしく召し上がることができます。

アレンジがしやすい

使う材料や分量でさまざまな美味しさを提供することができます 旬の食材を使うことで、常に新しいメニューの提案やコストを抑えることもできますえるのも

デメリット

糖質、糖分

果物や野菜に関しては、糖質を多く含むものもあります。
糖質はエネルギー源として必要な栄養素ですので、朝や日中にとることは非常に大切ですが、夜に飲むとエネルギーを消費しきれないことがあるので、飲み方などについても含めて提案することが効果的です。
また、飲みやすくするためや保存期間を長くするために糖分を多く含んでしまうと、逆に健康を害する可能性がありますので注意が必要です。

「スムージー」のOEM

「スムージー」の効果を最大限発揮するためには、OEMを活用することが最善の方法の一つとなります。OEMは、世の中にない価値を作りだしたい企業と、自分達の技術を広めたい企業、それぞれの想いをつなぐパートナーシップ。OEMとは、世の中にない価値を作りだしたい企業(発注元)と、自分達で築いてきた技術や知識、ノウハウを広めたい企業(OEMメーカー)それぞれの想いをつなぐWin-Winのパートナーシップです。さまざまな企業で「PB(プライベートブランド)商品」が開発されており、コストパフォーマンスの高さから多くの消費者に受け入れられています。PBもOEMのひとつの形となります。

発注元がオリジナルブランドをOEMで開発することは、そういった時代の流れに乗るだけではなく、発注元の認知を広げて、ブランド力を高める手段になります。OEMメーカーにとっても販売ルートの拡大や技術力の向上、工場の稼働率アップなどの有効な手段になります。スムージーとOEMを組みあわて、企業理念の発信や実現、ブランド力の向上を目指すスムージーは、健康意識が高まっている現代社会で、健康的なドリンクとして地位を確立しています。

  • 素材本来の美味しさや効果を追求する美容系のもの
  • ダイエットや減量のためのカロリーや糖質をカットしたもの
  • 体づくりのためのプロテインと組み合わせたもの
  • バナナなどを組み合わせて朝食かわりにすばやくエネルギー補給をするもの

など、多くの消費者に届けることができるだけなく、発注元の企業理念を発信・実現するのに非常に効果的な手段の一つになります。販売方法もボトルやパックでの販売、キッチンカーや店舗で目の前で作っての販売、粉末にしての販売など様々です。また、オリジナルのパッケージやラベルを作成することにより、認知度の向上やオリジナルブランドとして発信することもできます。

初期コストの大幅な削減

食品を扱うには専門的な知識が必要となるため、OEMメーカーに製造を依頼することで、工場などの設備投資や人材確保の手間やコストが発生しない分、初期コストを大幅に削減することができます。
発注元は、専門的な知識がなくても、専門性のあるOEMメーカーからのアドバイスを受けることで、「最新の流行などに関する情報」や「より効果的な販売ルートや販売方法の提案」を受けられることもOEMのメリットです。

OEMビジネスドットコムの活用

OEMをはじめたい発注元やOEMメーカーにとって、「OEMビジネスドットコム」は多くの情報や知識を得られる場所となっておりますので、ご活用ください。

化粧品、健康食品ビジネスマッチングサイトBenten

OEMの流れ

商品コンセプト・仕様・金額の打ち合わせ

発注元は、OEMメーカーに製品のコンセプト、仕様、数量、納期、金額などの希望を伝え、どういった製品をどのように作るかを決めていきます OEMメーカーは、自社の経験をもとに、良い製品を好条件で提供できるよう提案します。

開発、試作

OEMメーカーは、試作品を発注元に提出し、発注元はチェックをします。 製品の仕様仕上がりについて、お互いが納得するまで改良を繰り返していきます。

製造、品質管理、納品

OEMメーカーは、試作品の最終チェックが完了したら本格的に生産を開始し、品質や納期の管理をしっかりと行って進めていきます。 無駄を極力カットして、高品質で効率的な生産の工夫を随所に取り入れます。
OEMメーカーだけでなく、発注元は、できあがった製品を仕様書通りに出来ているか、動作不良はないか、納品する数量が足りているかなどを慎重にチェックします。 製品の外観や梱包に汚れやゴミの付着はないかなども検品時のポイントになります。

アフターサポート

販売後においてもお客様の反応やご意見によって改良すべきところがあれば、双方で対応します。 また、次の商品開発やリニューアル商品の提案など企画案のご提案など、継続した関係性を築いていくことが大切になっていきます。

法律等の関係法令

食品衛生責任者と飲食店営業許可

新規に店舗を開業する場合は、都道府県で実施される食品衛生責任者講習と、保健所の立ち入り検査が行われ飲食店営業許可証を得る必要があります。 併せてフードの提供も考えている方は、さまざまな許可が必要な場合がありますので、保健所にご相談ください。

製品開発マネジメントについて

OEMメーカー選びのポイント

  • 独自成分
  • 技術を公表しているか
  • 小ロット対応などの個別対応を公表しているか
  • トラブル対応や補償などの対応を公表しているか
  • 海外展開なども見据えている発注元に関しては、海外展開対応、輸出サポートを公表しているか

などがOEMメーカーの選ぶ基準になってきます

信頼関係の構築とチェック体制

発注元は、OEMメーカーに丸投げをすることなく、品質管理や進行管理などチェック体制を充実させることが、双方の信頼関係の構築と危機管理に対するマネジメントとなります

アフターフォロー、ファンづくり

製品を販売して終了ではなく、その後のフォロー次第でお客様がファンになるかどうかが決まってきます。 お客様との良好な関係を継続することで、お客様との信頼関係や口コミが広がっていきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。 「OEMでスムージーを作る」メリットや可能性を感じていただけたと思います。
OEMビジネスドットコムでは、OEMに関する情報だけでなく、具体的な企業をつなぐマッチングサービスやコンサルティングサービスも行っておりますので、まずは行動を起こしていきましょう。

 

 

問い合わせ

執筆者:OEMビジネスドットコム 編集部(株式会社Cogane studio)

OEMビジネスドットコムのコンテンツ作成を担当しています。株式会社Cogane studioでは、化粧品や健康食品ビジネスに関するマッチング、専門的な情報発信を行っています。

 

化粧品、健康食品ビジネスでお困りごとがあるお客様は是非下記フォームより

ご連絡ください。後ほどスタッフよりご返答させて頂きます

 

 

健康食品OEMのスムージー
SNSで最新情報をチェックしよう!
>化粧品OEMビジネスマッチングサイト 「Benten」

化粧品OEMビジネスマッチングサイト 「Benten」

化粧品OEMを探している、オリジナルコスメと作りたい、D2Cブランドを作りたいなど化粧品のあらゆる悩みを解決するビジネスマッチングサイト

CTR IMG