健康食品OEMでスープの作り方のポイント

健康食品OEMのスープ

食事をする時に欠かせないのが、スープや味噌汁です。一品あるだけで食卓も華やかになることから、カフェやレストランの食事セットや自宅での一品追加にも採用されることが多いですよね。そんな需要が多いスープも、健康食品OEMでは作ることができます。しかし、一体どのように作れば良いのでしょうか。ここでは健康食品OEMでのスープの開発ポイントやトレンド商品はどんな物なのか、メーカーの選び方などに重点をおいて説明します。

健康食品OEMでスープ作りをしたい!押さえたいポイントとは?

簡単に健康食品OEMでスープを作るといっても、その開発ポイントを押さえておかないといわゆる「売れる」商品になる可能性が低くなってしまいます。せっかく作るのだから、ニーズにあった商品を作りたいもの。

ここではスープの開発ポイントをまとめましょう。

消費者のニーズを最大限に反映

近年世界的にも健康志向の方が増え、自然と健康グッズや健康食品に目が向く人も増加傾向にあるといわれています。そんな方々のニーズに答えることが、実は健康食品OEMのスープ作りには重要。

  • 摂取したい栄養素を配合

消費者がどんな栄養素を摂取したいのか、ということを調査するのも大事なポイントです。不足しがちな栄養素やその栄養素を配合するとどんな効果が期待できるのか、などの明確なアイデアがあると商品が作りやすいでしょう。

  • 身体に良いものとは何かを考える

消費者は健康志向であるがゆえ、摂取する原材料にも敏感な人が多いです。例えば無添加、砂糖、保存料、着色料、増粘剤などができるだけ使われていない商品を探したりするのです。消費者目線で何が身体に良いものとして捉えられているのかを考えるのも重要ですね。

スープの摂取タイミングを見誤らない

スープを摂取するタイミングは人それぞれ。朝ごはんの時にパンと一緒に摂取する、ランチの時にカップで摂取する、または夕食時にしっかり摂取したいという人もいます。寒い時や小腹が空いた時に、間食用として摂取する人もいますよね。どのタイミングで摂取してもらいたいかを明確にすると、内容が決まりやすいかもしれません。

  • 飽きない工夫を

スープを作る時に意識したいことの一つは、「飽きずに楽しめるスープ」ではないでしょうか。いくら美味しくても気分や合わせる食事によって、飲みたくなるスープは変わるもの。色々な味のスープを作れば、一つ買うだけで楽しめるので需要が高まる可能性があります。

  • パッケージの見た目も重要

健康食品OEMでスープを作るときは、パッケージの見た目も重要です。どんなパッケージにするかにより、消費者に「美味しそう」と思ってもらえるかが決まってしまうのです。最近では実店舗だけではなく、ネット通販なども主流。手軽に見てもらえる反面、同ジャンルの商品が一面に掲載され比較されやすいのが注意点です。できるだけ華やかで目に留まるパッケージをデザインしましょう。

健康食品OEMで作るスープのトレンドをキャッチアップ

健康食品OEMでスープを作る時には、トレンドリサーチがとても重要です。スープに限らずどんな商品にもいえることは、トレンドのキャッチアップだからだからです。

その時々に人気がある傾向をしっかりリサーチし、トレンドに合った商品を作るのがベストでしょう。そのためにもターゲットを絞り、どんな商品がそのターゲット層に好まれるかを入念に調べる必要があります。ここではどんなスープが今人気なのかを紹介します。

健康志向方向けのスープ

健康志向の方が多い現代だからこそ、今とても需要があるスープでしょう。野菜をたっぷり含んだスープや、必要な栄養素の摂取を大々的に売り込んでいるスープにするとよいかもしれません。粉末状のスープやレトルト品などがあるので、イメージによりチョイスしたいところ。気軽に摂取したい時向け、食べ応えのあるものなどを摂取したい時向けなど、タイミングを絞り商品形態を検討してみるのもおすすめです。

色々楽しみたい方向けのスープ

最近良く耳にするのが「アソートタイプ」。コーヒーや紅茶などのパックで見かけることもありますが、実は健康食品OEMのスープ作りでも可能です。アソートタイプは気分で味を変えたり、一緒に合わせる食事で種類を変えることができ、一箱でお得な気分を楽しめるのが魅力。家族が多ければ多いほど好みも違ってきますよね。アソートタイプのスープがあるだけで、全員が満足感を得られるかもしれません。

ちょっぴり贅沢志向の方向けのスープ

「巣ごもり」という言葉をメディアで良く聞く現代では、自宅の中で手軽に贅沢を味わえる商品が人気傾向にあります。だからこそ健康食品OEMで作る贅沢スープもまた、需要が高い可能性があるでしょう。以前のようにフットワーク軽く外食に出かけにくい時代なので、オウチ時間を充実させたい人が増えたのかもしれませんね。

例えばスープパスタでカフェ風にしたり、エビなどを使った洋食風など、スープを「食事のおとも」としてではなく、楽しみな贅沢品として購入する人もいるのです。

スープを作る健康食品OEMメーカーはどう選ぶ?選び方を解説

健康食品OEMでスープ作りに挑戦しようと決めても、肝心なメーカーが選べていない状態では何も始まりません。しかもメーカーによっては、自分の思うような商品が作れないことも。せっかく商品を作り販売するのだから失敗しないためにも、どのようにメーカーを選べば良いのかを紹介しましょう。

スープ作りが得意な専門性のあるOEMメーカーを選ぶ

健康食品OEMメーカーはたくさん存在しますが、やはり得意とする商品がそれぞれ違います。スープ作りの実績をはじめ、その他の商品作りなどを調べ依頼するのが良いでしょう。そのOEM工場が開発できるスープの形態が、できるだけ自分のイメージする商品が作られているかどうかがポイントとなります。

また、パッケージ容器なども重要なので、美味しそうで消費者に好まれる完成品を作れる場所を探しましょう。

レシピをそのまま再現してくれるOEMメーカーを選ぶ

スープ作りをしたいと思うとき、自分の中ですでにレシピが存在している方も多いでしょう。その場合は、メーカーがどれだけ自分のレシピを再現してくれるのかも重要です。再現をするためには技術が必要となるため、確認をしたいところです。

もしも開発から相談して任せたいのであれば、その辺りの照準を絞ってメーカーを決めましょう。メーカーによってはさらに委託をしているところもあるので、商品作りにこだわりたいポイントをまとめておくのもおすすめ。

小ロットでも作れるOEMメーカーを選ぶ

スープ作りに限らず健康食品OEMの製品を作る時には、できるだけ小ロットで対応してくれるかどうかもポイントです。最初から在庫を抱えることは好ましくありません。このロットの条件はそれぞれメーカーにより違うので、事前確認をして問い合わせをするのがおすすめです。

信頼できる安全性があるOEMメーカーかを選ぶ

やはり依頼者として気になるのが、その工場の安全面です。国際標準規格ISO22000認証等、微生物検査など、徹底した衛生面や品質管理の安全確保に努めている工場が望ましいですね。

まとめ

ここでは健康食品OEMで作ることができるスープを開発する際、どのようなところにこだわれば良いのかをスープのトレンドを含めて紹介しました。最近はリモート勤務や巣ごもりの需要が高まっているので、ぜひターゲット層を絞りトレンドにぴったりの商品を作ってみて下さいね。

執筆者:OEMビジネスドットコム 編集部(株式会社Cogane studio)

OEMビジネスドットコムのコンテンツ作成を担当しています。株式会社Cogane studioでは、化粧品や健康食品ビジネスに関するマッチング、専門的な情報発信を行っています。

 

化粧品、健康食品ビジネスでお困りごとがあるお客様は是非下記フォームより

ご連絡ください。後ほどスタッフよりご返答させて頂きます

 

 

健康食品OEMのスープ
SNSで最新情報をチェックしよう!
>化粧品OEMビジネスマッチングサイト 「Benten」

化粧品OEMビジネスマッチングサイト 「Benten」

化粧品OEMを探している、オリジナルコスメと作りたい、D2Cブランドを作りたいなど化粧品のあらゆる悩みを解決するビジネスマッチングサイト

CTR IMG