健康食品oemのスポーツやトレーニング

スポーツ・トレーニング効果を高める健康食品とは?

健康食品oemのスポーツやトレーニング

健康的な生活を維持するための補助として取り入れることが推奨されている健康食品。中でも定期的な運動を欠かさない人にとって、運動効果を倍増したり、身体の不調を緩和したりできる健康食品は必須といえるでしょう。製造を検討する場合は、OEMメーカーへ製造を委託し長期的に安定した利益を確立するのもおすすめです。運動のメリットや取り入れるべき毎日の習慣を確認し、よりニーズに即した製品づくりを心掛けましょう。

そもそも運動のメリットとは?

「運動をしなくなると不健康になる」「定期的な運動が健康への近道」とはよく言われますが、そもそも運動をすることでどのようなメリットが得られるのか詳細に知っている人は少ないものです。既に身体の不調を抱えている人はもちろん、これからの不調を予防するためにも運動の大切さについて頭に入れておきましょう。

現代人はデスクワークに勤しむ人も多く、1日に運動できる時間がなかなか取れない人も多いもの。世界保健機構(WHO)が発表した「身体活動に関する世界行動計画2018-2030」によれば、日本人の約3人に1人が運動不足という結果が示されています。これは新型コロナウイルスの影響で導入されたテレワークや旅行の自粛などにより、さらに加速すると見られています。

豊かな国では、座ったまま過ごす生活が定着し、交通やレクリエーションでも体をあまり動かさなくなっている。運動不足の成人の割合は、米国で40.0%、英国で35.9%、ドイツで42.2%、フランスで29.3%、デンマークで28.5%、韓国で35.4%、ブラジルで47.0%に上る。日本では成人の35.5%(男性33.8%、女性37.0%)が運動不足だ。米英に比べると改善傾向にあるが、それでも3人に1人以上が運動不足という状況にある。

出展:一般社団法人 日本肥満症予防協会

骨や筋肉の増強

定期的な運動は、骨や筋肉に負荷を与えます。運動によりダメージを負った筋肉は、修復する過程で強化されます。これを繰り返すことで身体を鍛え、見た目からでも分かるほどに筋肉を育てるのが筋トレの目的だという人も多いでしょう。

一方、あまりイメージのない人が多いのが「骨が丈夫になる」という点です。骨も筋肉と同じで、定期的に負荷がかかると強度を増します。見た目や機能面で大きな変化があるわけではありませんが、骨折しにくくなったり、将来の骨粗しょう症を防いだりといった効果が期待できるでしょう。特に骨粗しょう症の罹患率は全人口の約10%ほどともいわれており、高齢化社会における介護等の問題を著しく加速させている要因の1つです。

日々続けられるだけの量を継続することが重要なトレーニングですが、運動後の身体はエネルギー不足に陥ります。このタイミングで健康食品を摂取すると、効率的なエネルギー補給&身体機能の向上につながるといえるでしょう。

関節が柔らかくなる

骨や筋肉が強くなるのと同時に、それらを繋いでいる関節や腱の動きもスムーズになります。生まれつき身体の硬さに悩んでいる人も少なくありませんが、定期的にストレッチ等で身体をほぐすと改善する可能性があります。身体の硬い人は受け身を取れずに怪我をしたり、ある一点にのみ負荷がかかり痛みを生じたりする場合があるため、大事につながる前に改善を検討すると良いでしょう。

心肺機能が向上する・血液が綺麗になる

運動の中でも「有酸素運動」と呼ばれるものは、心肺機能を向上するためにも有効だといわれています。そもそも有酸素運動とは、比較的軽い負荷のかかる運動を長時間かけて行うもの。これに対して無酸素運動は、重量挙げ等の瞬間的な強い力を鍛えるものです。長時間にわたって身体に多くの酸素を取り込むことで、肺や心臓を鍛えることに繋がるでしょう。

また、深く規則正しい呼吸を繰り返せば、酸素が身体の末端まで供給されやすくなります。さらに、いわゆる「善玉コレステロール」と呼ばれるHDLコレステロールが血液中で増殖し、動脈硬化などをもたらす悪玉コレステロールを回収するという効果も。全身の血液が綺麗に保たれ、脳梗塞や心筋梗塞などの血管が原因となる病を予防できます。

脂肪が燃焼する

こちらも有酸素運動のメリットとなりますが、目的とする人も多い「脂肪燃焼効果」が期待できます。理論的にいえば、1日の摂取カロリーを消費カロリーが上回ることで、身体は蓄えていたエネルギーを使わざるを得なくなります。筋肉を鍛えると同時に今ある脂肪を減らせるため、メリハリのある美しいプロポーションを目指せるのも特徴ですね。

また、見た目に分かりやすい皮下脂肪だけでなく、内臓脂肪の燃焼も期待できる有酸素運動。過剰な内臓脂肪は血圧を高めたり血糖値を上げたりするため、生活習慣病の一因となり得ることも留意しておきましょう。

免疫機能が向上する

一般的に運動をすると風邪を引きにくくなる、と思われていますが、実は免疫機能を向上させる運動量は「可もなく不可もなく」といった適度な量が推奨されています。まったく運動をしない人は代謝が悪く免疫機能が低下しがちですが、逆に激しい運動を毎日のようにしている人も代謝が悪くなってしまうのです。

とはいえこの「激しい運動」というのは、アスリートのように1日の中心がスポーツやトレーニングになっている人などを指すもの。一般人が定期的に楽しむスポーツ程度ならば、むしろ免疫機能の向上に一役買ってくれるはずです。

脳の活性化が期待できる

普段身体を動かす機会がない人の中には、血流が悪くなり関節の痛みや凝り・ぼーっとするなどの症状を訴える人がいます。中でもうまく頭が働かない場合は脳に十分な血液が巡っておらず、思考力が奪われてしまっているのかもしれません。そんな時少し席を立って身体を伸ばすと、目が覚めたようにスッキリすることもありますね。

適度な運動は脳へ定期的に信号を送ることとなり、脳が活性化するのに役立ちます。また、良い気分転換にもなることから、イライラやストレスを解消する手段としても有効といえるでしょう。デスクワーク等でオフィスにこもる時間が多い人は、昼休憩などの時間を利用して体操やストレッチ・屈伸運動などを取り入れてみてくださいね。

化粧品、健康食品ビジネスマッチングサイトBenten

スポーツ・トレーニング効果を高める健康食品の一例

続いて、スポーツやトレーニングの効果をより一層高めると期待される健康食品の一例を見てみましょう。

  • クエン酸
  • アミノ酸(アルギニン、オルニチンなど)
  • α-リポ酸
  • プロテイン
  • ローヤルゼリー
  • ニンニク
  • マカ
  • セサミン
  • カルニチン
  • 高麗人参

筋肉を作るのに欠かせないアミノ酸やプロテインはもちろん、ダイエット目的であれば脂肪の燃焼を促進するカルニチンも併せて摂取したい成分です。

さらに、スポーツやトレーニングを行う際は翌日の健康状態も気にしておきたいポイントの1つ。ある日数時間のみハードなトレーニングをしたとしても、翌日に酷い筋肉痛で寝込んでしまっては継続が難しくなりますね。クエン酸は運動の最中から疲労物質を分解し始める成分であり、分解しきれなかった疲労物質が身体に溜まりにくくなります。翌日・翌々日も痛みを感じずに済み、ストレスを溜めずに運動を続けるために重要な成分です。

また、ニンニクやマカなどは「滋養強壮」のイメージが強いですが、アミノ酸等の栄養素を複合的に含んだスーパーフードとしても知られています。ニンニクなどは食材としてもメジャーであるため、健康食品としてはもちろん、日々の食事中で積極的に取り入れると良いでしょう。

運動を行う上で重要な毎日の習慣

日々定期的な運動をしようと考えている人にとって、もっとも気にしなければならないのが「生活習慣」です。運動はそれだけしていれば健康になれるわけではなく、目的に応じた食生活や生活スタイルを続けなければ効果が半減してしまうでしょう。「体力アップ」「ダイエット」「筋力向上」など、まずは自分が何を目的として運動を続けたいのかを明確にしておくと良いですね。

また、運動をする上で避けるべき時間帯も存在します。

  • 寝る直前
  • 起きてすぐ
  • 食べる直前(ダイエットの場合)
  • 食べた直後

どんな目的でも、交感神経を活性化させ睡眠の質を下げてしまう「寝る直前」のトレーニングは控えましょう。健康を維持するためには良質な睡眠をとることが必要不可欠であり、いわば運動よりも重視したいポイントともいえます。

さらに、ダイエットの場合は食事前の運動が食欲を増進させ、結果カロリーを摂り過ぎる可能性があります。食べた直後も消化の妨げとなるため、身体を動かすことは控えてください。

では1日の中でいつがもっとも運動に向いているか……というと、それは「午前中」です。起きてすぐではなく、朝食をとってから少し時間の経った頃が良いでしょう。朝は身体が固まっている場合があるため、怪我を防止するためにもストレッチ等で身体をほぐしてからトレーニングに移行してくださいね。

健康食品OEMでおすすめのトレーニングに最適な製品とは?

最後に、ぜひ健康食品OEMで検討していただきたいトレーニング向けの製品タイプを見てみましょう。

  • 錠剤、カプセル剤
  • 粉末状
  • ゼリータイプ
  • ドリンクタイプ
  • スナックバーなどのお菓子タイプ

現在販売されているスポーツ・トレーニングタイプの健康食品には、上記のようなタイプが多く存在していました。中でも片手でサッと飲めるゼリータイプは、コンビニエンスストアなどでも見かけることの多い定番商品ですね。プロテインなど粉末状の商品や、軽食代わりに楽しめるスナックバーなども人気を集めています。

筋トレやダイエットに勤しむ人にとって、甘いものや脂っこいものの誘惑を断ち切るのは難しいものです。そんな食欲を少しでも軽減できるような、空腹を満たせるタイプが重宝されるといえるでしょう。もちろん栄養補給の面も兼ね備えた、手軽に摂取できる錠剤タイプも王道中の王道です。

まとめ

今回は健康食品OEMでチャレンジしたいスポーツ・トレーニングタイプの健康食品や、そもそも運動とはどのような効果が期待できるのかなどをご紹介しました。日々の運動が重要なのはわかっていても、なかなか定期的に身体を動かせない現代人が多いもの。そんな彼らの運動をサポートできるような製品は、今後も長きにわたって重宝されるでしょう。

 

 

問い合わせ

執筆者:OEMビジネスドットコム 編集部(株式会社Cogane studio)

OEMビジネスドットコムのコンテンツ作成を担当しています。株式会社Cogane studioでは、化粧品や健康食品ビジネスに関するマッチング、専門的な情報発信を行っています。

 

化粧品、健康食品ビジネスでお困りごとがあるお客様は是非下記フォームより

ご連絡ください。後ほどスタッフよりご返答させて頂きます

 

 

健康食品oemのスポーツやトレーニング
SNSで最新情報をチェックしよう!
>化粧品OEMビジネスマッチングサイト 「Benten」

化粧品OEMビジネスマッチングサイト 「Benten」

化粧品OEMを探している、オリジナルコスメと作りたい、D2Cブランドを作りたいなど化粧品のあらゆる悩みを解決するビジネスマッチングサイト

CTR IMG