リラックス・抗ストレスに関する健康食品とは?OEMで製造できる?

健康食品OEM リラックス 抗ストレス

現在、現代人の半数以上が何らかのストレスに悩まされているといわれています。適度なストレスはやる気を増幅させたり、達成感を味わったりするために重要ですが、過度なストレスはさまざまな健康問題につながる可能性があります。健康食品を始め、リラックスアイテムや毎日の習慣を見直し、上手にストレスと向き合いましょう。

過剰なストレスが健康に及ぼす影響

ストレスが影響で何らかの健康被害が出ている場合、それはもはや適度なストレスとはいえません。今はまだ少しの不調で済んでいても、対処せずにいるとうつ病など重大な病に繋がる可能性があります。何か1つでも当てはまるものがある場合は、医療機関や相談できる知人などの第3者に相談してみると良いでしょう。

頭痛・肩こり・下痢・胃もたれなどの慢性的な症状

一時のものではなく、普段からずっとこれらの症状に悩まされている場合は、ストレスが原因となっているかもしれません。血流が滞ることで頭や肩に痛みを生じたり、自律神経のバランスが乱れることで腸の動きが鈍り、下痢を引き起こしたりといった症状が出るのです。これらは薬を飲むと一時的に良くなりますが、原因となるすトレスを緩和しなければ根本的な解決にはなりません。

不安・イライラ・落ち込み・不眠などの精神的な症状

訳もなく不安に襲われたり、眠れなくなってしまったりと、精神が不安定になってしまうケースも多く見られます。ストレスが原因で身体を壊し、そのことがまたストレスになるなど、悪循環に陥りやすいのも特徴です。あまりにもひどい場合は医療機関で睡眠導入剤や精神安定剤を処方してもらい、日常生活を過ごしやすくするなどの工夫が必要となります。

高血圧・心臓病・肥満症・糖尿病などの生活習慣病の発症や悪化

ストレスを感じている人は、バランスの良い食事や適度な運動などの規則正しい生活を送りにくくなります。偏った食事や運動不足、飲酒・喫煙などが積み重なり、生活習慣病を発症する可能性も高いといえるでしょう。普段から規則正しい生活を送っていなければ、いざ正すのはかなり難しいこと。病と付き合いながら、周囲の環境を見直さなければなりません。

ギャンブル・アルコール・買い物などの依存症

ストレスを感じても、スポーツや趣味などでうまく発散できる場合は、それほど大きな病にはつながりません。逆に言えば、ストレスを溜め込んだ結果ギャンブルやアルコール・買い物などの発散方法を見出してしまえば、それに依存せざるを得なくなってしまうのです。金銭面でも大きな負担となり、それがさらなるストレスに繋がることも少なくありません。

うつ病・自律神経失調症・過敏性腸症候群・円形脱毛症等の重大な症状

ストレスを溜めた状態が長く続いたり、一気に過度なストレスがかかったりした場合、これらの重大な症状が現れる可能性があります。どれもすぐに完治できる病気ではないため、一度発症すると長期間にわたって療養が必要となるでしょう。自分に合う医療機関や薬を見つけるまでにも時間がかかり、その間外出できなくなるど生活にも支障をきたしてしまいます。

リラックスやストレス軽減に効果的な健康食品

続いて、ストレスを軽減するためにぜひ取り入れていただきたい健康食品についてご紹介します。とはいえストレス緩和・リラックス目的の健康食品は数多く存在するため、まずは目的の成分が入った商品を選んでみましょう。成分によって少しずつ得られる効果が異なるため、自分にピッタリのものを選んでみてくださいね。

GABA

ストレス緩和・睡眠改善に効果的な成分として代表的なのが「GABA」です。チョコレートから手軽に摂取できる製品も増えており、男女問わず人気を集めている成分でもあります。有効成分であるGABAはアミノ酸の一種であり、身体を休めるために必要な副交感神経を活性化させてくれます。身体が休まりやすくなり、精神的にも落ち着いて生活ができるようになるでしょう。

また、GABAは不眠に悩んでいる方にも積極的に摂取していただきたい成分の1つ。そもそも人間の脳波は「α波」「β波」に分けられますが、GABAはそのうち入眠作用のある「α波」を優位に保ってくれるのです。

乳酸菌

ストレスでお腹が緩くなりやすい方には、日頃から乳酸菌等で腸のはたらきを正常に保っておくことをおすすめします。免疫力を高めることにも繋がり、風邪知らずの身体を目指せるでしょう。サプリメント等の健康食品で摂取しても良いですが、乳製品や発酵食品からも摂取が可能です。

また、乳酸菌にはストレスを感じた際に分泌されるホルモン「コルチゾール」の上昇を抑える効果も報告されています。ストレッサーとうまく付き合いながら、乳酸菌を定期的に摂取していけば、次第に体調も回復していくといえるでしょう。

ホスファチジルセリン

大豆由来の成分であるホスファチジルセリンは、脳のはたらきを活性化させてくれる成分として近年注目を浴びています。言語機能の維持や記憶力改善などにも効果が期待されていますが、ストレスによりやる気が出なかったり、日中ぼーっとしてしまったりする場合にも役立つでしょう。

こちらも乳酸菌と同じく、「コルチゾール」の上昇を抑える効果があります。ストレスの原因が分からない方や、分かってはいてもなかなか改善できない方などにもおすすめの成分です。

L-テアニン

GABAなどと同じくL-テアニンも、交感神経を抑制しリラックス効果を高めるといわれています。お茶などに含まれており、日本人にとってはなじみの深い成分ともいえますね。一度入眠した後は頻繁に起きることなく、朝までぐっすりと眠れるようになるでしょう。

一方緑茶などのお茶類には、脳を活性化させるカフェインが含まれているものも多いのが事実。お茶からL-テアニンを摂取し睡眠不足を改善しようとすれば、同時にカフェインも摂取することになり効率的ではありません。逆に入眠しにくくなってしまう可能性もあるため、サプリメント等での摂取がおすすめです。

トリプトファン

脳を活性化させるドーパミンやノルアドレナリンが分泌されたままでは、人はなかなか入眠することができません。これらを制御しリラックス状態へと導くのが、「セロトニン」という成分です。別名「幸せホルモン」と呼ばれており、睡眠以外にもストレスの緩和や精神の安定などに大きな役割を担っています。

セロトニンを分泌するためには、「トリプトファン」という成分が必要不可欠です。摂取したトリプトファンは脳内でセロトニンに変化し、適切な睡眠へと導いてくれるのです。トリプトファンは体内で生成することができないため、食事やサプリメントから定期的に摂取しなければ不足してしまうでしょう。

メラトニン

トリプトファンがセロトニンの材料となるのはご紹介した通りですが、セロトニンは「メラトニン」というホルモンの分泌を促すはたらきも担っています。そもそもセロトニンが足りなければメラトニンの量も不足してしまうのです。

メラトニンは夜暗くなると分泌され始めるホルモンであるため、夜勤などで明るい時間帯に眠らなくてはならない人ほど補給を心掛けましょう。眠る前に摂取すれば、深い眠りへと導いてくれます。より多くのメラトニンを分泌するため、昼であってもカーテンを閉めるなど暗い環境で眠ることを意識してみてくださいね。

併用したいアイテムや毎日の生活習慣

ストレスを緩和するためには、まず原因となる物事を改善しようと考える方も多いでしょう。しかしそれらは、簡単に改善できるほど単純なものではないはず。長期間悩み続けた人ほど、ストレッサーを排除するのは難しいのです。そのため、まずはじめに取り組みたいのは「休養する」ということ。睡眠時間を確保するのはもちろんですが、心の休養としてやりたいことをやったり、趣味に没頭したりできる時間を作りましょう。誰からも干渉されず、1人でゆっくりと過ごせる時間は必要不可欠です。

また、リラックスして過ごすためには、香りアイテムをプラスしてみるのもおすすめです。お部屋全体を香らせるディフューザーやアロマオイルはもちろん、お気に入りの香りの入浴剤や柔軟剤もリラックスアイテムになりますよ。ラベンダーやカモミールといった心を落ち着かせるアロマオイルも良いですが、「リラックスブレンド」などの調合済みアロマオイルも便利です。

まとめ

現代人とストレスの関係は、切っても切れないものとされています。完全にストレスをなくすことは難しいため、健康食品やリラックスアイテムを使いうまく付き合っていけるよう工夫してみましょう。辛い症状がある場合は、無理せず誰かに助けを求めてくださいね。

執筆者:OEMビジネスドットコム 編集部(株式会社Cogane studio)

OEMビジネスドットコムのコンテンツ作成を担当しています。株式会社Cogane studioでは、化粧品や健康食品ビジネスに関するマッチング、専門的な情報発信を行っています。

 

化粧品、健康食品ビジネスでお困りごとがあるお客様は是非下記フォームより

ご連絡ください。後ほどスタッフよりご返答させて頂きます

 

 

健康食品OEM リラックス 抗ストレス
SNSで最新情報をチェックしよう!
>化粧品OEMビジネスマッチングサイト 「Benten」

化粧品OEMビジネスマッチングサイト 「Benten」

化粧品OEMを探している、オリジナルコスメと作りたい、D2Cブランドを作りたいなど化粧品のあらゆる悩みを解決するビジネスマッチングサイト

CTR IMG