薬機法 景表法 広告表現 コラーゲンを生成

「コラーゲンを生成」を広告で表現できる?言い換えは?薬機法・景表法を解説

薬機法 景表法 広告表現 コラーゲンを生成

化粧品やサプリのなかで、コラーゲンが配合されている商品はよくありますよね。そのなかでも「コラーゲン生成」といった広告表記を見たことがある方も多いのではないでしょうか。

しかし、広告表現において「コラーゲンの生成」といった言葉は薬機法により医薬品しか使用することができないのです。 「コラーゲン」には問題はなくても、その前後の文章によって広告表現が違反になる可能性があります。

本記事では、化粧品や健康食品に関する薬機法、景表法などの広告規制、「コラーゲンの生成」という表現の言い換えについて解説していきます。 広告規制に違反しない表現方法をまとめているので、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

薬機法とは

薬機法とは「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」を正式名称として言います。その名前の通り、医薬品、医療機器等の品質と有効性及び安全性を確保する他、製造・表示・販売・流通・広告などについて細かく定めた法律です。 対象となるものは下記の通りです。

  • 医薬品(風邪薬、鎮痛剤、鼻炎薬など)
  • 医薬部外品【薬用化粧品】(うがい薬、日焼け止め、栄養ドリンクなど)
  • 化粧品(コスメ、シャンプー、トリートメントなど)
  • 医療機器(コンタクトレンズ、血圧計、家庭用マッサージ機など)

景表法(優良誤認表示)とは

景表法(景品表示法)では、商品のサービスや品質、規格などの内容について実際のものや事実に相違して誤認される表示を優良誤認表示として禁止しています。 商品・サービスの効果や性能に優良誤認表示の疑いがある場合、表示の裏付けとなる合理的な根拠を示す資料の提出を求められる場合があるので注意が必要です。 「コラーゲンの生成」という表現も優良誤認表示にあたる可能性があります。

「コラーゲンの生成」は医薬品にしか使用できない

「コラーゲンの生成」と聞くと、この製品を使えばコラーゲンが増加するなど思う方も多いのではないでしょうか。化粧品の広告でこういった広告表記を見たことある方も多いかもしれませんが、医薬品以外の製品では「コラーゲンの生成」がされることはありません。

薬機法による規制の対象となっているため、「コラーゲンの生成」といった表現が認められているのは医薬品についてのみと定められています。

医薬品以外の製品には「コラーゲンの生成」の効果のある成分は含まれていないのです。つまり、医薬品に分類されていない化粧品や健康食品、美容機器の広告で「コラーゲンの生成」と表現することは薬機法違反にあたります。

医薬品以外での「コラーゲンの生成」は虚偽、誇大広告に該当する

化粧品や健康食品、美容機器についてコラーゲンの生成効果があるような表現をしている場合、薬機法において虚偽広告、誇大広告にあたります。

第六十六条 何人も、医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器又は再生医療等製品の名称、製造方法、効能、効果又は性能に関して、明示的であると暗示的であるとを問わず、虚偽又は誇大な記事を広告し、記述し、又は流布してはならない。

出典:医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律

また、事実に反する表現を使用した広告は、薬機法だけでなく景表法など他の法律やガイドラインに違反する恐れもあるため注意してください。

化粧品広告に「コラーゲンの生成」はNG

化粧水やクリームなどの化粧品広告に使用が認められる効能効果の範囲は、「化粧品等の適正広告ガイドライン」で定められた56項目に限定されています。 そして、化粧品にはコラーゲンを生成する効果は無いため、「コラーゲンの生成」という表現はNGとなります。コラーゲンを生成するのは治療効果や薬理作用によるものと考えられているため、化粧品の効能効果の範囲を超えている表現なので使用できません。

健康食品広告に「コラーゲンの生成」はNG

健康食品広告においても「コラーゲンの生成」といった表現は認められていません。

健康食品は、あくまでも健康を維持するための補助として使用される食品であり、コラーゲンを生成する効果が得られるものでは無いためです。

健康食品に実証された内容のものではないものを、医薬品的な効能効果の表現を使用することは薬機法において虚偽広告、誇大広告にあたる恐れがあるので注意が必要です。

注意すべき表現

このサプリを飲めば、この化粧品を使えばコラーゲンが生成されるといった表現は薬機法に違反する恐れがあります。 化粧品は美容ケア目的としており、健康食品は健康を維持するためのサポート食品であるため「コラーゲンの生成」というワードは効能効果の範囲を超えていると考えられます。 化粧品や健康食品に実証された内容のものではないものを、医薬品的な効能効果の表現を使用することは薬機法において虚偽広告、誇大広告にあたる恐れがあるので注意が必要です。

 

化粧品での違反事例

化粧水、クリーム、パックなどに関する化粧品広告での使用がNGとなる内容には次のようなものがあります。

  • 医薬品的な効果効能があるような表現(シミを消す、毒素を排出、老廃物を排出、便秘解消等)
  • 身体の変化についての表現(デトックス、細くなる、痩せる、体内を浄化等)
  • 特定部位を表す表現(脚、おなか、ウエスト、腸、贅肉等)
  • 用法用量の指定(1日1回必ずご使用ください、就寝前に等)
  • その製品のみで良くなるといった表現(運動しなくても、飲むだけでやせる等)
  • 不安、不快感を煽る表現(手遅れになる前に、後悔する前に、このままでいいの?等)
  • 最大級表現(もっとも、最大、最上級、世界一、ベスト等)
  • 安全性の保証(安心安全、無害、低刺激、問題ありません等)
  • 有名人や専門家が推薦しているとした権威付け表現(芸能人が推薦、○○で採用された等)
  • 他社を誹謗中傷するような表現や内容(○○社製品より優れた、従来の、これまでにない等)

また、使用感の表現(さっぱり、香りがいい)はOKとなります。

化粧品広告での使用が認められる表現

化粧品広告に使用が可能となる効能効果は、原則として「化粧品等の適正広告ガイドライン」で定められた56項目に限られています。化粧品に関係している効能効果としては、次のようなものがあります。

  • 皮膚にうるおいを与える
  • 皮膚の乾燥を防ぐ
  • 肌にハリを与える

また、使用感の表現(しっとり、さっぱり、香りがいい、なじみやすい等)は可能となります。

使用には注意が必要な表現

身体の部位を表すワードに合わせての使用はNGです。

  • キレイな毎日を
  • つやつや
  • ふっくら
  • つるつる

化粧品広告での言い換え表現(参考)

化粧品広告で「コラーゲンの生成」について表現する際に認められている言い換え表現をまとめました。これらの表現例を化粧品の広告を作成する際に参考にしてみてください。

コラーゲンの生成に関する表現を言い換えたい時の具体例

NG:効果がでます(効きます) OK:サポートしてくれます

NG:どんな効果が出るのかたのしみ OK:期待が高まります

NG:肌のたるみをなくす OK:毎日にハリとツヤが

NG:若返る OK:「元気だねと言われるようになった」

健康食品での違反事例

サプリなどの健康食品広告での使用が違反となる内容は次のようなものがあります。

  • 医薬品的な効果効能を示す広告表現(改善、予防、回復等)
  • 身体の変化についての広告表現(目にいい、バストアップ、痩せる、筋肉アップ、アンチエイジング等)
  • 症状や病名の記載(ガン、肥満、便秘等)
  • 特定部位を示す広告表現(脚、腕、おなか、ウエスト、脂肪、腹筋等)
  • 用法用量の指定(夕食後にお召し上がりください、就寝前に等)
  • 不安、不快感を煽る表現(手遅れになる前に、後悔する前に、このままでいいの?等)
  • 安全性の保証(安心安全、無害、大丈夫、副作用はありません、満足度等)
  • その製品のみで良くなるといった表現(運動しなくても、飲むだけでやせる等)
  • 最大級表現(もっとも、最大、最上級、世界一、ベスト等)
  • 有名人や専門家が推薦しているとした権威付け表現(芸能人が推薦、○○で採用された等)
  • 他社を誹謗中傷するような表現や内容(○○社製品より優れた、従来の、これまでにない等)

健康食品広告での使用が認められる表現

健康食品の広告での使用がOKとなっている表現には次のようなものがあります。

  • サポート表現(美容のために、必要な栄養素を補う、忙しい毎日に等)
  • 使用感の表現(さっと飲める、おいしい、食べやすい、香りがいい等)

使用には注意が必要な表現

身体の部位を表すワードに合わせての使用はNGです。

  • 毎朝すっきり
  • 生活習慣が気になる方に
  • スポーツを楽しむ方に
  • 甘いものが好きな方に

健康食品広告での言い換え表現例(参考)

健康食品広告で「コラーゲンの生成」について表現する際に認められている言い換え表現をまとめました。これらの表現例を健康食品の広告を作成する際に是非参考にしてみてください。

コラーゲンの生成に関する表現を言い換えたい時の具体例

NG:効果がありました OK:実感が得られました

NG:肌がつるつるに OK:キレイをサポート

NG:美しい肌質に OK:女子力アップ

NG:満足度96% OK:評判通りで驚きました

まとめ

効果効能の表現された広告に目が止まるという方は多いでしょう。 しかし「コラーゲンの生成」という表現は医薬品の広告にしか使用が認められていません。もし化粧品、や健康食品において「コラーゲンの生成」という表現を使用した場合は薬機法において虚偽、誇大広告となる恐れがあります。 これらの製品はあくまで健康維持や肌のケアに使用するものであり、身体の機能や症状を改善するものではないことを覚えておく必要があります。

特に化粧品においては、ガイドラインによって定められた効能効果の範囲を超えない表現の使用に注意することが大切です。

※違反事例、言い換え表現についてはあくまで参考として捉えてください。表現の違反等の判断については各都道府県の薬務課によって見解が異なりますので、ご理解頂きますようお願いいたします。

OEMビジネスドットコムでは、優秀な薬機法に詳しいライターをご紹介しています。

化粧品OEM、健康食品ビジネスマッチングサイトでは、化粧品や健康食品業界の悩みを解決することを目的に多数の優秀なライターさんをご紹介しています。

<参考例>

Bentenでは、各薬機法に詳しいライターさんを全員面談して、優秀な方のみ登録制にしているため

  • 薬機法に詳しいライターの水準が高い
  • 業界でも有名な方が多い

人に登録していただいております。

  • 化粧品や健康食品を作ったはいいけど、薬機法で表現が困っている…
  • そもそも法律違反しているかもしれない、、、どうしよう
  • 外注したけど、クオリティが低い…

という方には、かなりおすすめできます。

ぜひライターの方にコンタクトを取り、悩み事を相談してみてください。またよく分からないから紹介して欲しい方は下記のお問い合わせフォームよりご連絡ください

優秀なライター一覧はこちらから。なお依頼にはBentenの登録が必要です

Benten

Bentenは化粧品OEM, ODM, 化粧品ビジネスマッチングサイトです。化粧品OEM, ODMをお探しの方、その他化…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問い合わせ

執筆者:OEMビジネスドットコム 編集部(株式会社Cogane studio)

OEMビジネスドットコムのコンテンツ作成を担当しています。株式会社Cogane studioでは、化粧品や健康食品ビジネスに関するマッチング、専門的な情報発信を行っています。

 

化粧品、健康食品ビジネスでお困りごとがあるお客様は是非下記フォームより

ご連絡ください。後ほどスタッフよりご返答させて頂きます

 

 

薬機法 景表法 広告表現 コラーゲンを生成
SNSで最新情報をチェックしよう!
>化粧品OEMビジネスマッチングサイト 「Benten」

化粧品OEMビジネスマッチングサイト 「Benten」

化粧品OEMを探している、オリジナルコスメと作りたい、D2Cブランドを作りたいなど化粧品のあらゆる悩みを解決するビジネスマッチングサイト

CTR IMG