化粧品 健康食品 物流 企業 選び方

化粧品・健康食品の物流アウトソーシング企業の選び方

化粧品 健康食品 物流 企業 選び方

近年では、化粧品・健康食品の販売をD2Cで行う事業者が増えています。その業務の中でも、商品の「物流」に頭を悩ませている事業者様は多いのではないでしょうか?本記事では、化粧品・健康食品の物流アウトソーシング企業の選び方について紹介していきます。

化粧品・健康食品の物流業務とは?

D2C事業とは

近年では、化粧品・健康食品の販売はD2Cで行われることが増えています。D2Cとは「Direct to Consumer」の略称で、「製造者が直接消費者と取り引きをする」という意味の言葉です。小売店や卸売業者を通じて販売していた商品を、D2Cでは自社ECサイトなどから直接消費者へ販売します。D2Cは多岐にわたる業務のために「総合格闘技」に例えられることがあります。商品の企画・開発、広告、物流、カスタマーサポートなどをすべて自社で行うことによるものです。なかでも、「物流」はブランドイメージを体現できる重要な業務です。一方で、出荷量が増えてくると、多大なリソースが必要になってしまう業務でもあります。

物流業務の流れ

物流における一般的な流れは下記のとおりです。

  • 入荷・検品
  • 棚入れ・保管
  • ピッキング
  • 梱包
  • 出荷・配送

上記を自社で行う場合、倉庫を借りる、配送手段を手配する、管理システムを構築するなど様々なハードルがあります。繁忙期には、ほかの部署のスタッフがヘルプで物流業務を行わなければならない、という話もよく聞きます。自社でリソースが足りない場合は、物流をアウトソーシングすることも1つの解決策です。

物流アウトソーシングのメリット

物流をアウトソーシングすることのメリットをお伝えします。

コスト削減

物流業務をアウトソーシングする際はもちろん費用がかかります。一方で、アウトソーシングすることで、社内で物流業務に割いていた時間や人件費を削減できます。販売拡大に備えて、社内のリソースを気にすることなく万全な物流体制が構築できることで、結果的にコスト削減につながっています。

サービスの質の向上

アウトソーシングする企業は、物流に関して熟練のノウハウを持っており、倉庫管理システム等を用いて業務効率化を行っています。自社で物流業務を行うよりも、より早いスピードで質の高いサービスを提供することが可能です。消費期限管理や同梱物の封入などは人による管理の場合、ミスが起きやすいポイントです。そのため、ノウハウがある、またはシステムを活用している企業では自社で物流業務を行うよりも効率的に保管・発送してもらうことができます。

基幹業務へ注力できる

物流をアウトソーシングすることによって、社内で物流業務へ割いていたリソースを大幅に削減することができます。物流業務を行っていた作業時間を、商品企画や広告業務などにあてることで出荷量の増加やプロモーションの強化につながります。物流をアウトソーシングすることによって、D2C事業を効率的に運営することが可能です。では、どのタイミングでアウトソーシングを検討すべきでしょうか。

検討するタイミングはなるべく早期

物流のアウトソーシングはなるべく早期に検討することがベストです。前述したとおり、自社で物流業務を行う場合には負担が大きくなり、本来割くべき業務にリソースが割けなくなってしまいます。タイミングは、下記の2つで検討するとよいでしょう。

  • D2C事業を開始するとき

開始時から、最適な運用体制を構築することができます。依頼する際には、どれくらいの出荷量が見込めるのか、見込める出荷量に対してコストがかかりすぎないかなど、しっかりと計画を立てておくことも必要です。

  • 出荷量が継続して増えた、または、増えることが予想されるとき

現状かかっているコストが分かっているため、費用対効果が算出しやすくなります。アウトソーシングする際には、社内で対応できていたイレギュラーな顧客対応には対応したもらえない可能性もあります。アウトソーシングと同時に、業務フローの見直しも行っていきましょう。では、どういった観点で検討したらよいのでしょうか。具体的に見ていきます。

物流アウトソーシング企業の選び方

化粧品・健康食品の物流アウトソーシング企業が多くある中で、何を基準に選べばよいのでしょうか?ここからはいくつかのポイントをお伝えしていきます。

①保管管理体制

自社ブランドの世界観を体現するために開発した商品を最適な状態で保管・管理してもらえるかが重要です。

特に、下記の点をチェックしましょう。

  • 消費期限、ロット管理

健康食品の中には消費期限が記載されている商品もあります。消費期限が切れている、または、切れそうな商品が手元に届くと、ネットで拡散されお客様からの信頼を失ってしまうリスクがあります。ロットが管理できている場合は、万が一不良品が発見されたとしても影響範囲を特定しやすくなります。近年では消費期限管理やロット管理ができる倉庫管理システムを利用している業者もあります。システムでの管理体制が整っている業者を選ぶと安心です。

  • 在庫管理

在庫が最適化されると余分な在庫を抱えずに済み、保管コストを削減できます。保管期間が長くなると、前述した消費期限が切れてしまうなどの商品劣化のリスクも高まります。先入れ先出しで商品の在庫・品質を正しくコントロールできる業者がベストです。

②細かな業務への対応

自社のブランドイメージを体現するために、D2C事業ではチラシやノベルティの梱包などにもこだわっているはずです。購入者ごとの対応など、細かい作業を任せることができるかチェックしましょう。

  • サンプルやノベルティの同梱

化粧品・健康食品の販売では、注文した商品に加えてサンプルやノベルティの同梱を行っていることが多くあります。購入回数やキャンペーンなど、購入者や時期によって同梱するものが変わる場合もあります。依頼する事業者側でもフローを明確化しておくことが重要です。受注データから自動でサンプルやノベルティについてもコントロールできるシステムもあるため、システム導入をして制御しているか、情報連携やしやすいかを確認しましょう。

  • 定期便への対応

健康食品は1回のみの購入ではなく、定期便の提供を行っていることも多くあります。そのため、アウトソーシングする業者が定期便への対応を行っているかどうかの確認は必須です。定期便をスキップしたり中止したりする場合にも対応してもらえるか、その対応を任せることができるのかなど、今後の事業展開を考えるうえでも重要なポイントです。

  • 問い合わせ対応

業者によってはコールセンター業務を請け負ってくれる場合もあります。クレームや顧客要望に対して真摯に対応してもらえるか、内容をフィードバックしてもらえるかなど、対応範囲や可否を確認しましょう。

おわりに

本記事では、化粧品・健康食品の物流アウトソーシング企業の選び方についてご紹介しました。物流をアウトソーシングすることで、商品企画や広告などの基幹業務へ注力することができます。Bentenでは、化粧品・健康食品のOEMや物流アウトソーシングに関してビジネスマッチングを行っています。今回ご紹介したポイントをもとに、ぜひ自社にあった物流アウトソーシング企業を探してみてくださいね。

*化粧品ビジネスマッチングサイトBenten

化粧品業界、健康食品業界に特化したBtoBマッチングサービス。

執筆者:OEMビジネスドットコム 編集部(株式会社Cogane studio)

OEMビジネスドットコムのコンテンツ作成を担当しています。株式会社Cogane studioでは、化粧品や健康食品ビジネスに関するマッチング、専門的な情報発信を行っています。

 

化粧品、健康食品ビジネスでお困りごとがあるお客様は是非下記フォームより

ご連絡ください。後ほどスタッフよりご返答させて頂きます

 

 

化粧品 健康食品 物流 企業 選び方
SNSで最新情報をチェックしよう!
>化粧品OEMビジネスマッチングサイト 「Benten」

化粧品OEMビジネスマッチングサイト 「Benten」

化粧品OEMを探している、オリジナルコスメと作りたい、D2Cブランドを作りたいなど化粧品のあらゆる悩みを解決するビジネスマッチングサイト

CTR IMG