化粧品 健康食品 物流 見積もり

化粧品・健康食品における物流の見積もり解説

化粧品 健康食品 物流 見積もり

EC物流委託/運送業者のコストの見積もりに必要な情報と比較ポイントの詳細な説明をします。心からお任せできる物流業者から新たなスタートを切りませんか?見積り依頼のポイントと比較のポイントについて詳しく説明します。「梱包・運送業者に依頼することを考えていますが、請負業者にどのような情報を提供すればよいですか?」 「見積もりをもらえてよかったのですが、どこで比較して選ぶべきですか?」製品の流通をアウトソーシングすることは、eコマースビジネスの主要なターニングポイントです。そのため、配送のアウトソーシング業者を選択する際には注意が必要です。

本稿では、EC通販を中心に様々なサービスを提供している当社の観点から、すべてのEC通販会社に運送業者の見積もり依頼の際の情報提供をお願いしたいと思います。わかりやすくご案内いたします。物流のアウトソーシングを検討する際にご利用ください。

初めて見積もりを依頼する際に必要な最低情報

まず、運送業者の費用の見積もりを依頼するまでに要約してほしい情報があります。これらは、非常に正確な見積もりを提示するために必要な最小限の情報であり、特定の数値を伝える準備をすることが重要です。
会社のECの製品情報を理解し、曖昧にしないようにしてください。

情報1:自社ECが取り扱う製品

会社のECが取り扱うすべての製品をリストし、運送業者に伝えます。トレーダーは、製品を知ることにより、製品保管倉庫に必要な製品のおおよそのサイズと温度範囲を知ることができます。また、効率的な輸送業務のための運用フローも想像できます。要約すると、製品から以下の点を考慮して見積もりを行います。取り扱う製品のサイズ、製品の保管方法と必要な温度範囲、梱包や輸送などの作業効率

情報2:毎月の出荷

1か月あたりの正確な出荷数を運送業者に伝えます。上記1の商品と月間出荷数がわかれば、ECの規模がわかりやすく、発送に必要な人員数とおおよその坪数が把握できます。詳細な単価設定などの見積もりに関わるため、具体的かつ正確な件数をまとめることが重要です。季節要因が大きい場合や販売頻度が高い場合など、月ごとに出荷数が変動する場合は、まずその詳細情報を提供することが重要です。見積もりをリクエストする前に、EC製品の配送情報を正確に知っていることを確認してください。

情報3:配送サイズ比率/使用中の配送会社

見積もりを行う際には、ご注文ごとの配送サイズを知ることが非常に重要ですので、配送会社の比率とEC通販会社が現在使用している配送サイズをお知らせします。例えば、「ヤマト運輸を利用することで、60サイズは○%、80サイズは○%」と言えば、見積もり時の運賃見積もりがしやすくなります。

情報4:現在の倉庫で使用されている製品番号、SKU数、在庫数、坪数

商品一覧とともに、「現在の倉庫で使用している商品番号、SKU数、在庫数、坪数」をまとめてみましょう。運送業者を引き受ける際には、倉庫の坪がどれだけ必要か、どのような商品保管(位置管理など)を行うべきかを考えながら、見積もりを行うための情報が必要になります。

情報5:EC通信販売の配布で現在直面している問題

自社の物流から外部の物流業者を探している、あるいは業者への切り替えを検討しているeコマース通販事業は、問題が多いと思います。現在直面している問題をしっかりと要約することによって、見積もりを要求するときに請負業者を探している背景と目的の種類を伝えることが重要です。コスト削減、人員とリソースの不足、就業日数を増やしたい、容量以上の確保、サービスレベルの向上(ギフト、品質など)、リードタイムの改善
上記は一例ですが、さまざまな課題があります。

見積もりの前に準備する情報

初期費用の見積もりの問い合わせ後、より詳細な情報を伺うことになります。後日、営業担当者から電話またはメールで連絡しますので、その際に用意いただく情報を知らせます。特に複数の会社に見積もりを依頼する場合は、各運送業者の対応を比較する際のポイントとなるため、希望する条件などをまとめておくことが重要です。

メモ:最初の見積もり依頼に余裕があれば…
最初の問い合わせの際にここに記載されている情報を提供すると、ヒアリング中にさらに深く話すことができるようになります。見積もりの精度が高くなるので、余裕があれば最初の見積もりを依頼する際に用意しておくことをお勧めします。

情報1:EC運用に使用するシステム

現在使用しているカートシステムと注文管理システムの詳細を説明する準備をしてください。倉庫管理システム(WMS)との連携が必要であるため、システム間の連携の難しさを理解する必要があります。使用しているシステムの仕様によっては、この協力作業を行うだけでもかなりの工数がかかる場合があり、見積もりの内容と関係があります。認識に矛盾が生じないように、慎重に打ち合わせを行いましょう。

情報2:注文ごとに購入したアイテムの数

作業プロセスを理解するために、注文ごとに購入されたアイテムの数に関する情報も提供しましょう。たとえば、注文ごとのSKUが多いほど、ピッキングプロセスが長くなります。まとめて購入するのが簡単であるほど、各注文を選んで梱包するのに時間がかかります。注文ごとに購入した製品の数を把握することで、作業プロセスを把握し、見積もりに反映します。

情報3:希望する倉庫稼働日

倉庫の営業日は、運送業者によって異なります。多くの企業は平日のみ営業していますが、週末や休日にも対応できます。特に、平日以外の発送を希望の場合は、見積もり依頼の段階で対応可能かどうかを確認する必要があります。繁忙期や特別な状況でのみ対応したい場合は、この段階でお知らせください。

情報4:必要な付帯作業の詳細

セット商品の品揃え、ギフト商品のラッピング、ノシとギフトカードの対応、人員募集
一連のタスクに必要な付随作業の詳細をリストしてみましょう。上記以外にも様々な付帯事項が考えられますが、内容により見積りの内容が異なります。また、付帯作業を日常的に行うのか、一定期間だけのスポットとして行うのかという希望が多いので、付帯作業の可能性をすべてまとめて伝えてください。

情報5:到着時の状態と確認すべき項目

商品到着条件や到着時の商品確認の内容により作業効率が異なり、見積り内容にも影響がありますので、お知らせください。例えば、事前に以下の情報を知っておくといいでしょう。

  • 商品をひとつひとつチェックしていますか?ケースバイケースで実施されますか?
  • どのような確認が必要ですか? (数量、色、サイズなど)

会社によって見積もり計算方法が異なります

これまでお話しした上記のすべての情報に基づいて、概算を計算し、見積もりを作成します。各社の見積りの計算方法はいろいろありますが、大きく分けて「一連の商品を発行する方法」と「ステートメントユニットを発行する方法」です。一連の商品を発行する場合は、一連の商品が一定の金額で表示され、詳細単位で発行する場合は、各商品のコストを詳細に把握することが容易になります。大まかなシミュレーションを使用して、各アイテムの見積もりを行います。EC通販会社が想像しやすいように、商品ごとにわかりやすい見積もりを作成します。

見積もりを比較する際の重要なポイント

運送業者に見積もりを依頼する場合は、複数の会社に比較を依頼することが重要です。全国のベンダー、地域のベンダー、特定のジャンルに強いベンダーなど、さまざまなオプションがあります。また、総コストを確認するだけでなく、各作業に関連するコストを詳細に計算して比較することも重要です。また、希望する条件を満たすことができる量を比較することも重要なポイントです。

ポイント1:同じ条件でアレンジしてみてください

見積もりの形式は会社ごとに異なるため、同じ条件で書かれていないと比較が困難になります。このような場合、各企業の見積もりが同じであるとどうなるかを再計算することがポイントです。たとえば、一連の作業の見積もりに「出荷作業(請求書とピッキングと梱包)XX円」と記載されている場合、各アイテムの見積もりで「請求書/ピッキング/梱包」ごとの合計単価を計算してみてください。少し難しい作業かもしれませんが、同じ条件を試してみると、正確なコスト比較ができます。

ポイント2:応答性の柔軟性を検討する

運送業者の柔軟性は、コストだけでなく、希望する営業日や付随的な作業をどれだけ処理できるかという大きな比較ポイントです。他の店舗ECとの差別化を図るためには、独自のサービスを取り入れることが重要ですが、対応できる範囲は運送業者によって異なります。また、シュリンクラップ、ピローラッピング、オンデマンドプリンターなどの特殊な機械を使用する必要がある場合は、それに基づいて計量する必要があります。自分のECで実現したいサービスレベルを踏まえて、応答性の柔軟性に自信を持って信頼できる運送業者を選びましょう。

ポイント3:自分のECの未来を考える

複数の店舗を展開したり、将来のバリエーションを増やすために新製品を開発したりして事業を拡大することを検討している場合は、将来を考慮し、事業規模が拡大しても対応してください。使用できる請負業者を検討することが重要です。請負業者の規模(坪)、人員、事例を確認し、問題なく対応できるかどうかを比較検討のポイントとして確認してください。見積もり依頼の段階で、拡大の可能性があることは間違いなくわかります。

まとめ:安全な環境で新たなスタートを切りましょう

信頼できる流通センターを活用しましょう。運送業者によって応答性が異なりますので、見積もり内容を十分に比較し、信頼できる業者を探す必要があります。そのためには、会社のECの状況や製品情報をしっかりと把握し、見積もりを依頼する際に具体的かつ正確な情報を伝えることが非常に重要です。見積もり内容に加えて、各社の即応性や将来性を考え、自信を持って信頼できる業者を探しましょう。

執筆者:OEMビジネスドットコム 編集部(株式会社Cogane studio)

OEMビジネスドットコムのコンテンツ作成を担当しています。株式会社Cogane studioでは、化粧品や健康食品ビジネスに関するマッチング、専門的な情報発信を行っています。

 

化粧品、健康食品ビジネスでお困りごとがあるお客様は是非下記フォームより

ご連絡ください。後ほどスタッフよりご返答させて頂きます

 

 

化粧品 健康食品 物流 見積もり
SNSで最新情報をチェックしよう!
>化粧品OEMビジネスマッチングサイト 「Benten」

化粧品OEMビジネスマッチングサイト 「Benten」

化粧品OEMを探している、オリジナルコスメと作りたい、D2Cブランドを作りたいなど化粧品のあらゆる悩みを解決するビジネスマッチングサイト

CTR IMG