化粧品と健康食品の物流倉庫の相場、安いメリットとデメリットをご紹介

化粧品 健康食品 物流 倉庫 安い
物流倉庫会社に依頼する際に気になるコストと市場価格。実際にサービスを利用するにはいくらかかるでしょうか? 費用は倉庫保管料、倉庫・配送料によって異なり、設定料は会社によって異なります。この記事では、物流倉庫会社の価格から概算例、「物流倉庫サービス利用時の平均コストと価格見積り」までわかりやすく説明します。また、物流倉庫サービス費用の仕組みなど、物流倉庫会社選定の基礎知識も掲載しておりますので、最後までご覧ください。

【健康食品・化粧品の物流コスト】

これはインターネットで最も売れている製品の1つであり、多くの物流企業が倉庫に代わって保管と出荷をサポートしています。保管・管理・配送を含めた商品1個あたりの平均物流コストは約350円です。ボトル等にあらかじめ梱包されているものが多く、ピッキングや検査の必要がないため、他の商品より少し安いです。

物流倉庫のコスト構造

「商品数が増えるにつれ、社内の保管スペースの確保が難しくなりました…」「繁忙期は梱包・発送作業に圧倒され、計画を立てることができませんでした…」。オンラインショップや通信販売会社を運営している会社の多くは、このような問題を抱えている可能性があります。最近、大手運輸会社の値上げにより、「日本ネット経済新聞」が実施したEC企業の調査では、全体の約43%が物流事業に負担を感じているようです。
日常業務を合理化し、より重要なタスクに時間を費やしたい場合でも、専門の物流会社に任せることは近道です。ここでは、物流業務のアウトソーシングを検討されている方のために、一般価格市場とその内訳、およびご注文の際の注意点をご紹介します。

物流倉庫価格

  • 倉庫保管料坪単価4,000〜7,000円
  • 保管料・ピッキング料1個10〜30円
  • 検査料1個10〜100円
  • 段ボールの梱包料150円〜300円
  • 送料400円〜1200円

物流/配送代理店の費用の計算方法

物流費と運送費は大きく2種類に分けられます。1つは、梱包や送料に関係なく発生する「固定費」です。これには、物流エージェンシーが一連の業務を管理するためのシステム(WMS)使用料、契約時の経営管理料、および倉庫の使用スペースに応じた倉庫保管料が含まれます。もう1つは、製品が到着または出荷されるたびに発生する「変動費」です。これは、製品の仕分け、倉庫保管、ピッキング、梱包料、梱包材料金、送料などの実際の「物の移動」の費用です。一部の物流会社は個別料金を設定せず、パッケージプランを作成していますが、物流代行事業の内訳として固定費と変動費が発生していることは変わらないです。

主な原価項目と市場価格

次に、各商品の一般市場価格をご紹介します。

主な項目と一般的な費用

  • 基本料金(システム使用料)20,000〜50,000円固定費
  • 基本報酬(経営管理費)1万円〜5万円固定費
  • 倉庫保管料4,000〜7,000円(坪1個あたりの単価)固定費
  • デバン料金2万円〜3万5000円変動費
  • 保管料10〜30円(1個あたり)変動費
  • 検査料10〜100円(1個あたり)変動費
  • 送料(ピッキング料金)10〜30円(1個あたり)変動費
  • 梱包料150円〜300円(段ボールの場合)変動費
  • 送料400円〜1200円変動費

【基本料金(システム使用料)】

これは、預け入れ荷物の種類と数量、到着日時、配送予定日、ステータスなど、すべての物流業務を管理するシステム(WMS)の使用料です。契約時に基本料金として計上されることが多く、一般的な価格帯は2万円から5万円程度です。最近では、「トーマス」など、より低コストで運用できるクラウドベースのシステムを採用する物流会社が増えています。

【基本料金(経営管理費)】

倉庫での一般的な製品管理の料金は、システムの使用料とは別に発生します。一般的な価格帯は1万円から5万円程度です。主に毎月の発送数にもよりますが、一部の物流会社では割引を提供しているようです。

【倉庫保管料】

倉庫内の保管スペースの使用料です。物流会社は、坪1個、パレット1個、ラック1個などのレンタル単位ですが、価格帯は4,000円から7,000円程度です。例えば、関東地方に中小規模の冷凍庫が必要ない場合、6,000円前後の価格が設定されているところが多いようです。一方、大都市圏よりも安価な地方の倉庫の場合、最大50%安くなる可能性があります。

【デバン料金】

フォークリフトを使ってコンテナから荷物を降ろす作業は有料です(英語:Devanning)。コンテナ内での貨物の倒壊時の安全性や取り扱いなど、適切な経験とスキルが求められるため、通常、後述の倉庫保管料とは別に記録されます。価格帯は2万円から3万5000円程度。

【受入手数料(入庫料)】

これは、荷物の仕分けと保管にかかる費用です。料金は、段ボールやパレットなどの到着形態によって異なります。平均価格帯は1個10〜30円程度です。物流代理店のニーズが高い健康食品や化粧品の場合、15円前後の価格を設定しているところが多いようです。小さい商品の場合、一部の物流会社では、商品ごとではなく、1ケースあたりの価格(通常30〜100円)を設定しています。

【検査料】

これは、在庫のある製品を検査するためのコストです(アイテムの数、損傷していないかどうかの確認など)。数量だけを確認した場合、市場価格は1個あたり10〜30円程度で、電源を入れて動作を確認する必要がある場合は、1個あたり80〜100円かかる場合があります。

【送料】

これは、保管された製品を倉庫から取り出して(=ピッキング)出荷する前のコストです。平均価格帯は1個10〜30円程度です。商品に同封のチラシやグリーティングカードがある場合は、単価としてもカウントされます(例えば、1点あたりの送料が10円の場合、商品とチラシの合計で20円)。

【梱包料】

一般サイズ(全長・幅・奥行き100cm以内)の段ボールの場合、平均価格は150〜300円です。内訳は、作品自体の手数料と梱包材の価格、請求書と請求書の発行料(10〜30円)、クッション材の価格(20〜30円)が含まれています。包装袋などのギフトの梱包の際、内容に応じて個別に見積もる物流会社が多いようです。

【配達料】

これは、物流会社を経由して海運会社に支払われる費用です。一般サイズの段ボールの場合、首都圏への発送は400円から500円、北海道と沖縄は700円から800円、離島は1,000円です。最近はオンラインショッピングの拡大により価格が上昇する傾向にありますが、ほとんどの物流会社は大手運送会社(佐川急便、ヤマト運輸など)と割引契約を結んでいるため、送るよりも安いです。また、一部の物流会社は、自社のトラックとドライバーを使用して配達を行っています。上記の送料を商品ごとに割った金額をこれまでの費用に加えると、商品の受け取り・管理・発送にかかる費用は約350円〜650円になります。

配送リクエストを行う前に準備するもの

印刷物を中心に扱う物流会社では、お客様からの配送先リストの記載ミスで送料が高くなる場合が多いようです。階数や部屋数が異なっていても、物流会社が判断することはできず、再配達は避けられません。また、再配達による仕向地の再確認など、時間の面で大きな損失が発生します。基本的に、物流会社に発送を依頼する場合は、発送リストをよく確認してください。繁忙期はミスが発生しやすいので、なるべく複数の人で再確認することをお勧めします。

時間による価格差について

物流・運送業者の料金は、時間とタイミングによって大きく異なります。やむを得ず値上げする部分もありますが、通常の送料の1.5倍以上かかる場合がありますので、不安な場合は事前に物流会社までご連絡ください。

【ポイント】

健康食品・化粧品の物流費は1個あたり平均350円程度。多くの場合、配送リストが正しくないため、再配送料金が発生します。注意深い確認が必要です。物流費は時間とタイミングによって大きく異なります。事前のお問い合わせをお勧めします。

物流会社によって料金が異なる最大の理由は、商品を保管する倉庫スペースの使用料です。

「主な原価項目と市場価格」で述べたように、地方に倉庫を持っている物流会社の倉庫保管料は、大規模な倉庫を持っている物流会社よりも最大50%安く設定されています。出荷数量が商品と同じであれば変動費(受領手数料、梱包費など)に大きな差はないので、できるだけコストを抑えたい場合は、地方に倉庫があります。その際、送料とのトータルバランスに注目したいと思います。倉庫保管料を抑えても、それ以上の送料がかかると思われる場合は転覆となります。中部地方(長野県など)に倉庫を持っている物流会社もありますので、全国に発送する場合は相談してみてください。さらに、遠隔地の倉庫では、より迅速な輸送作業が必要です。これは、基本的に運送会社が一番遠いところから順番に集荷するため、配送センターから遠いほど集荷時間が早くなるためです。翌日配達を保証するオンラインショップの場合は、集荷時までに発送作業が間に合うようにしてください。

【ポイント】

価格差の主な理由は、製品を保管するための倉庫スペースの使用料です。地方に倉庫を持っている物流会社は倉庫保管料を最大50%削減できます。コスト重視の地元物流会社に依頼する場合は、送料と回収時間のバランスにご注意ください。

失敗しない物流・運送会社を選ぶには…

まず、製品数と出荷数に一致する会社を選択します。たとえば、毎月1,000個未満の商品を発送するオンラインショップがある場合は、Amazonなどが提供する毎月のフルフィルメントサービスを利用できます。
バーコードの貼付や発送依頼のキャンセル料などの制限はありますが、月額1万円以下からご利用いただけます。まずはこのような低価格のサービスを利用してみてください。販売が順調に進んだら、ギフトの発送など、より詳細なサポートを提供できる物流会社に依頼することをお勧めします。次の重要なことは、事業拡大に対応できる会社を選ぶことです。可能であれば、契約前に倉庫や事務所に足を運びながら、「繁忙期に余裕を確保できるか」「急な大量発送に対応できるか」などのポイントを確認しましょう。また、迅速な対応も重要なポイントのひとつです。配送先の不正確さや予期せぬキャンセルなど、物流業務に固有の問題があります。会社にいつでも連絡できる専任の人がいるなら、安心することができます。

執筆者:OEMビジネスドットコム 編集部(株式会社Cogane studio)

OEMビジネスドットコムのコンテンツ作成を担当しています。株式会社Cogane studioでは、化粧品や健康食品ビジネスに関するマッチング、専門的な情報発信を行っています。

 

化粧品、健康食品ビジネスでお困りごとがあるお客様は是非下記フォームより

ご連絡ください。後ほどスタッフよりご返答させて頂きます

 

 

化粧品 健康食品 物流 倉庫 安い
SNSで最新情報をチェックしよう!
>化粧品OEMビジネスマッチングサイト 「Benten」

化粧品OEMビジネスマッチングサイト 「Benten」

化粧品OEMを探している、オリジナルコスメと作りたい、D2Cブランドを作りたいなど化粧品のあらゆる悩みを解決するビジネスマッチングサイト

CTR IMG