化粧品 物流 特徴

化粧品の物流委託の特徴と事例の紹介

化粧品 物流 特徴

近年化粧品の需要や販売方法は、コロナの流行前と比べて大きく変化しました。感染者数の増減を繰り返し一喜一憂しながらも、感染防止のため常時マスクを着用することが、定着化しています。外出規制などにより、化粧品の需要は低下し、化粧品業界全体の売上は下がってしまいました。しかし、そんな中でもヒット商品を生み出す企業もあり、化粧品業界では格差が広がりつつあります。このような格差が広がったのは、情報配信方法の違いが要因の1つです。大手美容メディアでは、主にSNSを使って、トレンドやブランドのイメージに合わせた宣伝・情報配信を行うことで、売上向上につなげました。最近では、動画を使った宣伝方法が流行しています。

また、コロナ禍でのマスク生活によって、女性だけでなく、男性も肌荒れの悩みが増え、男性の化粧品購入率も高まりました。この記事では、化粧品物流サービスの特徴、物流委託、物流委託のメリットについて取り上げ、外部委託先の選択で気を付けるべきことについても解説していきます。これから外部委託しようと考えている会社のお役に立てたらうれしいです。

「化粧品物流サービス」の特徴について

様々な分野で、様々な商品を消費者に届ける「物流」。化粧品に限った話ではありませんが、特に、化粧品分野では、物流管理のための高い専門知識、ノウハウ、商品の保管のための適切な環境などが必要だといわれています。まず、化粧品物流に携わるには、「化粧品製造許可証」が必要です。「化粧品製造許可証」は、化粧品の製造(混合・充填など)・包装・表示・保管を行うために必要な許可証です。化粧品の物流管理は、販売チャネルが多いということに加えて、ギフトセットの組み作業などの流通加工作業や、適切な温度管理・環境調整が求められます。消費者の方に最適な状態で届けるために、取扱に注意する必要がある商材の1つです。

化粧品の物流における課題

化粧品業界は、見た目では、「きれいでかわいい、楽しそう」などといった華やかな印象を持たれやすいですが、「物流」部門では大きな課題を抱えている企業が実はたくさんあります。コロナ禍の外出規制・感染予防などによって、最近では、通販で化粧品を購入する人が圧倒的に増えました。売り上げを上げていくためには、EC通販化など様々な販売方法に対応していく必要があります。しかし、それにはコストの増大も伴います。そのように、急な変化に対応するためには、人員・在庫の保管スペースの確保など、様々な課題が生じてしまいます。このとき生じた様々な課題は、外部に物流委託することによって、解消される可能性があります。

通販での顧客獲得のためには、実店舗で顧客が商品を購入→顧客が商品を購入する⇒EC通販の存在を知る⇒EC通販で特定の商品を購入するという流れを作る必要があります。このような流れをどれだけたくさんことができるか、さらに購入してくれた顧客がどれくらいリピーターになるかが大切です。リピーター獲得のためには、クーポン配布などのお得なキャンペーン、サンプル送付などEC通販ならではサービス・特典を最大限活用し、「集客」にどれだけ注力できるかがポイントになります。

外部に物流委託することのメリット3つ

先述した「物流委託」のメリット3つをご紹介します。

メリット1.物流コストの削減

化粧品物流を外部に委託することの最大のメリットは「コスト削減」です。物流コストの固定費としては在庫の保管スペース確保のための土地・建物代が含まれます。その他、マテハン機器や倉庫管理システム、温度管理のためのエアコン・冷蔵機器なども必要です。それらを操作・管理するための人員確保にもコストがかかります。専門の物流会社に物流業務を委託することで、そのような初期費用を抑えることができます。

物流にかかる初期費用は、企業にとってとても大きな負担となりますが、それを抑えることができると、企業全体のコスト削減にも大きく貢献します。また、クリスマスがある12月、卒業式がある3月、新学期が始まる4月は、化粧品業界にとって繁忙期です。繁忙期は特にセットの組み合わせや梱包など業務が通常より複雑化します。物流委託することで、人材育成や複雑業務の対応などに時間を割く必要がないため、その分集客や販売戦略を考えることに集中することができます。

メリット2.主業務に集中できる

先述したように、化粧品物流を外部に委託することで、業務の大部分の負担を減らすことができます。その分、新たな商品開発・企画・広告宣伝・集客に集中して力を注ぐことができます。そうすると、商品のラインナップが大幅に増え、自然と顧客数も増加し、売上アップにつながってくという好循環ができます。また、社員の休日出勤や、残業時間なども減らすことができ、社員にとって働きやすい会社作りにもつながっていきます。結果的に、本来会社が行うべき業務の効率が上がっていきますね。

メリット3.品質が上がり、信頼性が高まる

物流の際は、検品、倉庫の出荷管理、梱包、配送などは、それらを行うための施設や人材、システムなどの様々なノウハウが必要です。「物流」に関する業務は、専門の物流会社に任せ、自社は新たな商品開発・宣伝広告・集客などの主業務に集中するということを決めることで、お互いの会社の作業効率が高まります。物流品質が高まることで、顧客の満足度・信頼性も今まで以上に高まり、自然とリピーターの獲得にもつながっていきます。それは、委託している物流会社と自社の両方にとってのメリットになります。

外部委託先の選択で気を付けること

外部委託する事には、先述したようにいくつかメリットがありますが、委託する専門の会社を選ぶ際には、気を付けつけるべきことがいくつかあります。まず、品質の高い商品を、迅速に最適な状態で消費者に届けられる専門的なノウハウ、システムを備えた会社であることが大前提です。また、自社からの要望や提案、顧客からのイレギュラーな要望などに対して柔軟に対応できる会社が望ましいです。また、トラブル発生時などの対応力も顧客満足度を高めていく上では、とても重要です。

品質の高い商品の保持、柔軟な対応力の他に、自社だけでは気づくことができなかったコスト削減や物流に関する新たな施策などを提案してくれる会社であるということも大切です。お互いの会社の利益を考えて取引してくれる会社は、信頼性が高く、今後も安心して委託することができます。

まとめ

今回は、化粧品企業での物流の外部委託について特徴、課題、メリットを取り上げ、外部委託先の選択に関する注意点について紹介しました。化粧品は、想像以上に、保管する施設の環境調整、物流業者のノウハウ、スキルが重要となります。自社のスタイルに合っていること、また、お互いの利益を常に考えて、今後も一緒に成長していけるような委託会社を選択していくことをおすすめします。

外部委託を考えている会社は、まずは倉庫見学会などに足を運んで、ご自身の目で実際の企業事例などをみてみることもおすすめします。先述した、「外部委託先の選択時に気を付けるべきこと」の内容もぜひ、参考にしながら決定されることをおすすめします。

執筆者:OEMビジネスドットコム 編集部(株式会社Cogane studio)

OEMビジネスドットコムのコンテンツ作成を担当しています。株式会社Cogane studioでは、化粧品や健康食品ビジネスに関するマッチング、専門的な情報発信を行っています。

 

化粧品、健康食品ビジネスでお困りごとがあるお客様は是非下記フォームより

ご連絡ください。後ほどスタッフよりご返答させて頂きます

 

 

化粧品 物流 特徴
SNSで最新情報をチェックしよう!
>化粧品OEMビジネスマッチングサイト 「Benten」

化粧品OEMビジネスマッチングサイト 「Benten」

化粧品OEMを探している、オリジナルコスメと作りたい、D2Cブランドを作りたいなど化粧品のあらゆる悩みを解決するビジネスマッチングサイト

CTR IMG