D2C 物流 メリット デメリット

D2Cの配送・物流は自社と外部委託どちらが良い?双方のメリットとデメリットを紹介

D2C 物流 メリット デメリット

D2Cブランドの立ち上げで、SNSを中心に見る機会が増えています。同時に、D2Cコンサルティング会社やD2Cサービスを提供する自社も増えています。D2Cブランドは、マーケティング、SNS、ECサイトで顧客と接触する表側に焦点を当てる傾向がありますが、顧客サポートや配送物流などの裏側も非常に重要な要素です。配送物流はECの重要な要素であると言っても過言ではないので、D2Cブランドを立ち上げる際に配送と物流を紹介します。D2Cブランドの配送物流は社内にありますか、それとも外部委託されていますか?ユーザーがサイトから製品を購入した後、できるだけ早く製品を入手する必要があります。配送または物流を自社で行うか外部委託するかを決定する前に、最適化は自社の人事システムと使用するECシステムによって異なります。

D2Cに固有の物流の問題があります

D2Cは自社でブランドや商品を製造しているため、D2Cであるため物流上で注意すべき点がいくつかあります。D2Cオペレーターが製品を出荷する際に注意すべき2つのポイントがあります。

D2Cブランドイメージは重要で、商品の梱包にこだわっています

D2Cは販売するために消費者と直接コミュニケーションする必要があるため、ブランドイメージは非常に重要です。多くの商品の中から自分の商品を選ぶためには、なぜその商品を作ったのか、その商品でどのような世界観を作りたいのかを魅力的に伝える必要があります。そのため、消費者にブランドイメージを伝えるためには、実際に届く商品や段ボールの梱包方法など、目に見えるものに注意を払う必要があります。ただし、大量の荷物を効率的に配送する倉庫では、そのような梱包の約束に対応できないことが多いため、社内で実現したい梱包方法に対応した倉庫を見つけることが重要です。

D2Cの購入者ごとに適切な対策を講じる必要があります。物流倉庫は難易度の高い対応が求められます。

D2Cにとって消費者とのコミュニケーションは重要であるため、売買の終わりではありませんが、ブランドを知ってもらう方法と継続する方法のコミュニケーションデザインは非常に重要です。たとえば、購入数に応じて、製品の良さを初めて知ったり、2回目のユーザーに特典を提供したりするために、低価格のトライアルを提供する場合があります。D2Cは、消費者が自分で選んだパーソナライズされた製品を作成および購入できるサービスも提供しています。このような複雑なパターンで商品を出荷するためには、同じ商品を均一に発送するのではなく、柔軟に対応できる倉庫と連携して消費者に提供することが重要です。D2Cは自社独自の製品を作ることができますが、物流の難しさも増すため、ミスを少なく効率的に運用できる仕組みが必要です。

自社の長所と短所

月間取扱点数が100以下の場合は、自社が最適です。配送物流を外部委託する場合、ベンダーに固定費が発生するため、販売量が少ないと固定費をまかなうことができない恐れがあります。社内で行うことのデメリットは、オフィススペースが圧迫され、注文が急増した場合の対応が難しいことです。商品が小さければオフィスは管理できますが、アパレルは場所を使うので管理が難しいです。倉庫は自身のオフィスと倉庫を管理しているので、そこでの家賃と管理の費用がかかります。また、光や臭いがしないように注意してください。販売数が少ない場合は、自分でやれば、梱包・配送・物流の業務が理解できるので、D2Cのバリューチェーンが理解できます。

委託の長所と短所

月間取扱点数取扱点数が100以上の場合は、アウトソーシングが最適です。配送自社にアウトソーシングするメリットは、作業量を減らすことができることです。従業員の数が少ない場合は、外部委託して、マーケティングやカスタマーサポートなどの他のことに時間を費やすことができます。倉庫内の商品管理や温度・湿度も管理されているため、良好な状態で管理できます。一方、不利な点は、固定費と変動費でコストがかかります。また、商品購入の段階で直接倉庫に送られ、請負業者が梱包してユーザーに届けるので、売り手は商品に全く触れません。その結果、問題に気付かず、フィールドの感覚が鈍くなります。

システムのインストールやAPIの状況はベンダーによって異なるため、アウトソーシングの際には調査が必要です。D2Cブランドの立ち上げと日の目を見ることで、SNSを中心に見る機会が増えています。同時に、D2Cコンサルティング自社やD2Cサービスを提供する自社も増えています。D2Cブランドは、マーケティング、SNS、ECサイトで顧客と接触する表側に焦点を当てる傾向がありますが、顧客サポートや配送物流などの裏側も非常に重要な要素です。配送物流はECの重要な要素であると言っても過言ではないので、D2Cブランドを立ち上げる際に配送と物流を紹介します。

D2Cブランドのアウトソーシングのコスト

配送業務をアウトソーシングする場合、固定費と変動費があります。

固定費

また、「システム使用料」と「基本料金」の2つの固定費があり、1つの企業にかかる金額です。この金額は保管量や商品に限らず、毎月発生し、市場価格は2万〜5万円です。その後、坪ごとに費用が発生します。たくさんの商品を保管したり、大きな商品を保管したりすると、多くのスペースを使用するため、手数料がかかります。月額市場価格は坪あたり5,000〜20,000円です。こちらの月額固定費には2種類あります。

変動費

倉庫で商品を受け取り、配達する作業ごとに費用が発生します。購入者から商品を購入し、倉庫に配送し、倉庫で受け取り、保管スペースに移動するのに、1アイテムあたり約100円かかります。商品の到着方法や保管方法によっては、費用が加算されます。送料・配送料は1点30円程度です。梱包時に緩衝材を使用したり、チラシを同封したり、作業量を増やしたりすると、それに応じて費用がかかります。アイテムごとに合計120〜150円が課金され、送料が加算されます。固定費は倉庫の場所によって異なり、関東地方では高くなる傾向がありますが、地元の倉庫を利用すると安くなります。ただし、送料は反比例の影響を受けます。

請負業者に作業を依頼する場合は、配送業者に確認してください。

ほとんどの場合、佐川急便やヤマト運輸を利用しますが、箱の大きさによって送料が異なりますので、商品の特性に合わせてどの運送業者が最適かを判断してください。配送倉庫は佐川急便やヤマト運輸などの大企業として契約しているため、1箱の価格が安い。自分で行う場合は運送自社の支社に持参する必要がありますが、通常料金となりますので、外注よりも送料が高くなります。上記は、D2Cの配送と物流を実行する際に考慮すべき配送と物流です。

執筆者:OEMビジネスドットコム 編集部(株式会社Cogane studio)

OEMビジネスドットコムのコンテンツ作成を担当しています。株式会社Cogane studioでは、化粧品や健康食品ビジネスに関するマッチング、専門的な情報発信を行っています。

 

化粧品、健康食品ビジネスでお困りごとがあるお客様は是非下記フォームより

ご連絡ください。後ほどスタッフよりご返答させて頂きます

 

 

D2C 物流 メリット デメリット
SNSで最新情報をチェックしよう!
>化粧品OEMビジネスマッチングサイト 「Benten」

化粧品OEMビジネスマッチングサイト 「Benten」

化粧品OEMを探している、オリジナルコスメと作りたい、D2Cブランドを作りたいなど化粧品のあらゆる悩みを解決するビジネスマッチングサイト

CTR IMG