D2Cの物流における課題は何がある?

D2C 物流 課題

「D2C物流センターとは何をするところなの?」「そこでの課題は何だろうか?」「課題を解決する方法を知りたい」と考えておられませんか?D2C物流センターの倉庫では、企業と一般消費者の間のトランザクション(BtoC)が主流です。そのため、この記事では、D2C物流センターの倉庫が果たす役割、課題と解決策について説明します。スムーズな物流を確保し、ブランディングを加速するために、よく考えましょう。

D2Cロジスティクスセンター倉庫が抱えている課題

D2C物流センターが直面してい課題とは

  • 在庫を正確に管理できないために機会損失が発生します。
  • 注文をリアルタイムで把握することはできず、無駄な作業を減らすことができません。
  • 苦情への対応と流れの改善には時間がかかる。
  • 効率的なポイントを特定するのが難しい。
  • 仕事量に見合った人材が不足している。

それぞれを見てみましょう。

課題 : 在庫を正確に管理できないために機会損失が発生する

この課題は、在庫管理が正確に実行できず、機会損失が発生することです。一元化された在庫管理がなければ、困難なことが発生して、販売チャネルと物流の増加へ対応が難しくなります。その結果、注文数量が故障し、追加の在庫が保持される場合があります。在庫が増えると、期限切れのアイテムに気付かず、損失が発生する可能性があります。

課題 : 注文をリアルタイムで把握することができず、無駄な作業が減りません。

また、、注文をリアルタイムで把握できないため、無駄な作業を減らすことができないという課題もD2C物流センターの倉庫ではあるのです。これは、最適な注文管理システムでは到着から在庫まですべてを管理できないために発生する課題です。たとえば、「注文を受けて発送の準備をしていたのですが、作業完了後にキャンセルされたことがわかりました」というケースがあります。注文管理がスムーズに行われないと、細心の注意を払っていても不要な作業や注文ミスが発生します。注文をリアルタイムで把握するシステムを導入することが、D2Cロジスティクスでは重要です。

課題 : 苦情への対応と流れの改善には時間がかかる。

D2C物流センターの倉庫にも、苦情への対応や流れの改善に時間がかかるという課題があります。物流のノウハウがない、マンパワーが足りないのです。これは、などの理由で発生する課題です。今日では、SNSやインターネットの普及により口コミが広まりやすくなっています。消費者からのネガティブな投稿が増えると、ブランドイメージの低下につながる可能性があります。苦情が発生しない環境を整え、苦情が発生したときにすぐに流れを改善できるシステムを構築する必要があります。

課題 : より効率的にすべき点を特定することは困難です。

この課題は、改善すべき点を特定することが難しいということです。これは、製造から物流センターでの倉庫管理までを担当するD2Cブランドにとって、立ち上げコストを削減するために簡単な課題です。もちろん、マネジメントシステムコストや物流コストにコストをかけて効率化に取り組んでいるブランドもあると思います。しかし、多くの困難を乗り越えて培ってきた物流のノウハウがなければ、改善点の特定に時間がかかる可能性があります。

課題 : 仕事量にマッチした人材が不足している

D2C物流センターの倉庫では常に人員が枯渇した状態になっています。品質向上への取り組みによる現場負担、EC市場へのさらなる拡大。このような理由で作業量が増えているためです。D2Cでは、ブランディングのためのさまざまな対策に各ブランドが取り組んでいます。オリジナルのパッケージやメッセージカードを作成することで、お客様の満足度の向上が期待できるからです。しかし、購入者ごとの柔軟な給付付与にこだわる結果、作業量が増えて扱いにくくなり、課題となっています。

物流センターの主要なタイプ

ここでは、主な物流センターを紹介します。
タイプの概要

  • DC(物流センター):在庫保管から出荷までを扱うストックタイプの物流センター。「在庫型物流センター」とも呼ばれ、いわゆる総合物流センターの機能になっています。
  • デポ:小さな物流拠点で高頻度で少量を物流します。「ストックポイント」とも呼ばれます。
  • PDC(Process Distribution Center):物流処理に特化した物流センター。「マシニングモールドセンター」とも呼ばれます。
  • TC(Transfer Center):製品を保管または保管せずに、主に製品の仕分けと輸送を行う物流センター。「パススルーセンター」とも呼ばれます。
  • 物流センター:商品を仕分けし、地域のお客様に物流する物流施設。トラック輸送の拠点になります。

それぞれを確認してみましょう。

DC(物流センター)

DCとはなにか?
在庫保管から発送までをこなすストック型物流センター。いわゆる一般物流センターがDC(物流センター)です。在庫型物流センターとも呼ばれます。主に、受け取った製品の検査と保管、ロジスティクス処理、および出荷を担当します。もう一つの特徴は、物流機能を強化する目的で空港や高速道路の近くに建設されることが多いことです。広大なスペースに大量の在庫を保管し、急な注文にも迅速に対応できます。

デポ

デポとは何ですか?少量を高頻度で物流する小さな物流拠点。デポは、各エリアにある小さな物流拠点です。在庫のない頻繁な配達が特徴で、「ストックポイント」とも呼ばれています。商品の一時保管や物流先への迅速な物流など、ロジスティクスにおいて重要な役割を果たします。

PDC(プロセス物流センター)

PDCは、物流処理に特化した物流センターです。PDC(Process Distribution Center)は、DC(Distribution Center)の機能の物流処理部分を強化する物流センターです。高度な加工設備を備えており、「マシニングモールドセンター」とも呼ばれています。PDCでは、防塵対策や温度管理も重要な課題で、機械部品の組み立てや肉や鮮魚の加工などの物流加工が行われております。

TC(転送センター)

TCは、主に製品を保管または保管せずに仕分けおよび輸送する物流センターです。TC(Transfer Center)は、仕分けと物流に重点を置いた物流センターです。基本的に在庫がなく、「パススルーセンター」とも呼ばれます。コンビニエンスストアをはじめ、日本でもよく使われています。TCの利点は、在庫が不良になるリスクが少なく、保管スペースと人員を削減できることです。

物流センター

物流センターとは何でしょうか?製品を仕分けし、地域の顧客に届ける物流施設。物流センターは、トラック輸送の拠点となり、特定の地域への物流を処理します。商品は物流センターで検査され、仕分けされた後、各店舗や家庭に物流されます。チェーン小売事業では、物流業務の合理化と在庫管理を目的とした物流センターを設置しています。

物流センターの倉庫でのオペレーション

物流センターの倉庫では、以下の業務を行っています。
タイプの概要

  1. 在庫品の入荷事業。検査も兼ねています。
  2. 保管受け取った製品は、指定された保管棚に保管されます。
  3. ストレージストレージシェルフに保存されます。ストレージ環境を維持することも重要です。
  4. 発行された商品は予約され、配達されます。
  5. 物流処理物流先ですぐに販売できるように商品を加工します。
  6. 出荷検査出荷前に数量と製品タイプが正しいことを確認してください。

先に述べたように、商品を保管していない施設や物流加工に特化した施設など、物流センターの種類によって運営比率は異なります。物流センターの運営では、スピードだけでなく精度も重要です。万が一、検査ミスや誤った発送が発生した場合、発送先に迷惑をかけします。場合によっては、ミスを防ぎ、物流センターでの作業効率を向上させるという観点から、アウトソーシングやITシステムが導入されています。

アウトソーシングがD2C物流センター倉庫の課題解決には一番の効果がある

D2Cでは、ブランディングを強化するために、プロモーションに連動したロジスティクスを実施することが重要です。例えば、梱包材にこだわる、各購入者に異なる特典を付与するなどです。そのため、柔軟にプロモーションを取り入れられる体制が物流センターの倉庫でも必要です。一方で、細かい状況への対応が苦手な場合が多いのが、大手物流センターです。ロジスティクスを自動化せざるを得ないと言えます。D2Cの場合、顧客をファンにするための詳細なプロモーションが重要です。したがって、詳細なサポートを提供できる専門家にアウトソーシングすることを、D2C物流センターの倉庫の課題解決にはお勧めします。そのため、自社で物流事業を営もうとすると、負担が大きくなり、自分のリソースを超えてしまう可能性があります。円滑な物流を目指して、D2C物流センターの課題を解決しましょう。

まとめ

人材不足、作業効率、正確な在庫管理など、多くの課題がD2C物流センターの倉庫にはあります。そこで、おすすめするのが柔軟に対応できるスペシャリストにD2Cロジスティクスをアウトソーシングすることです。製品から消費者(BtoC)事業では、EC市場が拡大しています。日本の電子商取引市場は今後も拡大を続けると予想されます。業績のさらなる向上につなげるために、まずD2C物流センターの倉庫の課題を解決しましょう。

執筆者:OEMビジネスドットコム 編集部(株式会社Cogane studio)

OEMビジネスドットコムのコンテンツ作成を担当しています。株式会社Cogane studioでは、化粧品や健康食品ビジネスに関するマッチング、専門的な情報発信を行っています。

 

化粧品、健康食品ビジネスでお困りごとがあるお客様は是非下記フォームより

ご連絡ください。後ほどスタッフよりご返答させて頂きます

 

 

D2C 物流 課題
SNSで最新情報をチェックしよう!
>化粧品OEMビジネスマッチングサイト 「Benten」

化粧品OEMビジネスマッチングサイト 「Benten」

化粧品OEMを探している、オリジナルコスメと作りたい、D2Cブランドを作りたいなど化粧品のあらゆる悩みを解決するビジネスマッチングサイト

CTR IMG