EC物流センターの基本とD2Cブランドにおける物流センターの課題と解決策を解説

D2C 物流 悩み

「D2Cロジスティクスの改善点とポイントを知りたい」「EC物流センターの特徴は何ですか?」というような問題はありませんか?またはこんな悩みはありませんか?EC物流センターに求められるレベルも、EC市場の規模が拡大するにつれて高まっています。そこで、本記事では、EC物流センターの基本を確認しながら、D2Cブランドにおける物流センターの課題と解決策について説明します。問題を解決し、業績を向上させるために、最後までお読みください。ブランド戦略支援サービスは、ECロジスティクスに特化した様々なニーズにお応えします。物流センターの最適化をワンストップでサポートするために、長年のノウハウを活用します。

EC物流センターとは何ですか?

「EC(電子商取引)」とは、インターネット上での商品やサービスの取引です。インターネットで商品を注文してから到着するまで、到着と保管、梱包と配達などのプロセスがあります。「ECロジスティクス」とは、上記の全工程を指し、ECロジスティクスの拠点は「ECロジスティクスセンター」です。BtoC-ECの市場規模はD2Cロジスティクスの中心年々拡大しており、ついに19兆円を超えました。市場規模の拡大に伴い、増加傾向にあるのはEC物流センターの数の増加です。

EC物流センターの特徴

EC物流センターの特徴は、BtoC(企業と一般消費者間の取引)の物流が多いことです。BtoB(企業間)ロジスティクスの場合、通常、トランザクションあたりの出荷数量は少なくなります。一方、個別物流をサポートするBtoCロジスティクスでは、1品目あたりの出荷数が少なく、物流先の数が多くなっています。さらに、BtoCは、サポートのラッピングやメッセージカードの同封など、お客様に合わせた詳細な作業を実行することも特徴です。

EC物流センターの仕組み

  1. 入荷:サプライヤーから荷物を預かる
  2. 検品:ご注文通りに発送されているか確認(入荷検査)発送前に確認する場合があります(発送検査)
  3. 保管:製品を一定期間保管および管理する
  4. ピッキング:伝票と指示に従って倉庫に保管されている製品を収集する作業。
  5. 梱包:損傷しないように、適切な材料で製品を包む
  6. 出荷注文データに基づく倉庫から市場への一連の操作。

以上がEC配信センターでの業務内容です。ロジスティクスを求めるユーザーのレベルも高まっていますが、これはECユーザーの増加によるものです。
業務ミスが増えるとブランドイメージが低下するため、業務効率の向上とヒューマンエラーの防止にEC物流センターでは努める必要があります。

D2CブランドのEC物流センターが抱える可能性のある問題

  1. 仕事量に見合った人材が不足している
  2. をリアルタイムで把握することはできず、無駄な作業を減らすことはできない
  3. 在庫を正確に管理できないために機会損失が発生する
  4. 苦情への対応と流れの改善には時間がかかる
  5. 効率的なポイントを特定するのが難しい

上記は、決まりきったトレンド性のある問題で、いつもD2CブランドのEC物流センターは抱えています。BtoC-EC市場の拡大に伴い、特に取り組みとしては人手不足の解消に向けた内容が求められています。対策として、例えば注文管理システムを導入すれば、作業効率の向上と円滑な注文管理が可能になります。正確な注文管理は、注文ミスを減らし、苦情を防ぐのに役立ちます。「効率化すべきポイントの特定が難しい」という問題は、当初から物流を担当してきたD2Cブランドが抱える問題です。

D2C物流センターの倉庫が持つ問題と解決策の要約

ここから、D2CブランドのEC物流センターが問題を解決できる4つのポイントを紹介します。

  • 管理システムとロボットの導入と自動化
  • 商品の保管場所を売上に応じて変更する
  • 不良在庫の確認、・専門家へのアウトソーシング

内容を参考にして、ご自身の力で活用してください。

ポイント1.管理システムとロボットの導入と自動化

最初のポイントは、管理システムとロボットを導入して自動化することです。自動化は、人件費の削減と面倒な作業の合理化につながります。たとえば、WMS(倉庫管理システム)の導入は、ヒューマンエラーの防止に効果的です。倉庫や物流の作業をサポートし、人の作業を自動化することで、スピードアップはもちろんのこと、ミスの大幅な削減とにつながります。また、予算として自動ロボットを導入する案件が含まれていれば、ピッキング作業、商品仕分け、ラベリングなどの業務を効率化することができます。

ポイント2.売上に応じて商品の保管場所を変更する

売上に応じて、物流センターでの製品の保管場所を変更することをお奨めします。商品によって発送頻度が異なりますので、商品ごとに整理して、より効率的に取り出せるようにした方が良いと思います。物理量業界では、ロケーション管理(倉庫管理)という用語があります。2つの典型的な保存方法があります。

  • 固定場所:製品ごとに保管する棚を事前に決定します
  • 無料の場所:商品を任意の棚に保管

固定された場所には、保管用の棚が固定されているため、製品を見つけやすくなるという利点があります。一方、不利な点は、該当する製品しか保管できず、柔軟性が低いことです。その点で、フリーロケーションは空の棚に製品を保管し、保管効率を向上させます。ただし、商品ごとにまとめて保管されていないため、確認に時間がかかる場合があります。それぞれに長所と短所がありますので、各商品の売上高を把握し、倉庫に適した位置管理(倉庫管理)を見ていきましょう。

ポイント3.不良品がないか確認してください

物流センターでは、売れそうにない「不良品」がないか確認することも重要です。不良在庫が多いと、倉庫のスペース確保が難しくなります。不良品を見つけた場合は、不良品を一箇所に保管する、割引価格で販売するなどの対策を検討してください。販売したかったために保管されていたとしても、実際には販売されていない隠し商品があるかもしれません。

ポイント4.スペシャリストへのアウトソーシング

第4のポイントは、専門家にアウトソーシングすることです。ECロジスティクスという特殊な技能を持つ専門家にアウトソーシングすることで、作業効率の向上と高品質なサービスの提供が可能です。たとえば、バックヤードの業務をアウトソーシングすることで、リソースと時間をコアビジネスに費やすことができます。

専門家へのアウトソーシングを検討する場合があります。

ブランドが成長し、物流が増加したときやロジスティクス以外の事業に資源を投資したい場合、会社に最適なアウトソーシング業者を見つけたら、会社の問題と目的を明確にし、アウトソーシングのための適切なタイミングと下請け業者を選択することが重要です。D2CブランドにおけるEC物流センターのサポートサービスとは何かというと、物流から消費者コミュニケーションまで総合的なサポートを提供するブランド販売改善支援サービスです。外部委託するD2Cブランドロジスティクスの場合は、ブランド戦略支援サービス「をお勧めします。少量の発送依頼からワンストップサポートまで、幅広いニーズにお応えします。

D2Cブランドは、優れたカスタマーエクスペリエンスを提供し、ファンを促進することが重要です。ECロジスティクスにおいても、各社がメッセージカードの同封やオリジナリティあふれるパッケージングなど、さまざまな取り組みを行っています。この強みは、プロモーションを柔軟に調整することでD2Cに焦点を当てたトータルサービスです。長年の経験をもとに、ECロジスティクスのブランディングを強化していきます。その結果、D2CのEC物流センターを最適化して、業績を向上させます。

まとめ

年々拡大しているのは、D2Cロジスティクスの中心であるBtoC-ECの市場規模です。物流に対するユーザーの要望も高まっており、ヒューマンエラーの防止や運用効率の向上が求められています。最適化する方法として、EC物流センターの物流倉庫の自動化とアウトソーシングも推奨されます。最適化するために必要な対策はeコマース物流センターのブランドごとに異なります。課題と目的を明確にし、会社に適した方法を選択してください。ブランド戦略支援サービスは、ECロジスティクスに特化した様々なニーズにお応えします。この強みは、消費者の洞察に合わせたプロモーションの実施などのトータルサービスに対して、D2Cに焦点を当てます。

執筆者:OEMビジネスドットコム 編集部(株式会社Cogane studio)

OEMビジネスドットコムのコンテンツ作成を担当しています。株式会社Cogane studioでは、化粧品や健康食品ビジネスに関するマッチング、専門的な情報発信を行っています。

 

化粧品、健康食品ビジネスでお困りごとがあるお客様は是非下記フォームより

ご連絡ください。後ほどスタッフよりご返答させて頂きます

 

 

D2C 物流 悩み
SNSで最新情報をチェックしよう!
>化粧品OEMビジネスマッチングサイト 「Benten」

化粧品OEMビジネスマッチングサイト 「Benten」

化粧品OEMを探している、オリジナルコスメと作りたい、D2Cブランドを作りたいなど化粧品のあらゆる悩みを解決するビジネスマッチングサイト

CTR IMG