ファンデーションの化粧品OEM

ファンデーションを化粧品OEMで作るポイント

ファンデーションの化粧品OEM

 

自社ブランドでファンデーションを販売したいと思っても、わからないことばかりですよね。

また、BBクリームやCCクリームとの違いもわからないと思っている方も多くいると思います。

そこで本記事では、ファンデーションの化粧品OEMをはじめて検討している方に向けて、ファンデーションの説明、BBクリームやCCクリームとの違い、化粧品OEMで作るポイントについて説明します。

ファンデーションとは

ファンデーションとは肌の悩みをカバーして、肌の表面をきれいにみせてくれるコスメです。

ファンデーションは水分と油分、色をつけるための粉体からできています。

配合バランスを変えることにより、テクスチャーや質感、仕上がりなどに差が生まれます。

種類が多く、自分の肌に合ったものを見つけられるのが大きな魅力。

ファンデーションには大きくわけて5種類あります。

それぞれの特徴を紹介します。

 

パウダーファンデーション

パウダーファンデーションは、粉末を固めた固形タイプのファンデーションです。

カバー力が高く、肌の赤みやテカリを隠しマットな仕上がりに。

使い心地はサラッとしているものが多く、ムラのないマットな仕上がりになので初心者の方にもおすすめです。

持ち運びがしやすく、外出先の化粧直しに便利です。

 

リキッドファンデーション

リキッドファンデーションは乳液のような液体状のファンデーションです。

カバー力、保湿力が高いのが特徴。

水分量が多く伸びがいいので、乾燥肌や混合肌の方にもおすすめです。

カバー力は低く、肌の色むらをカバーする程度なのでナチュラルな仕上がりになります。

 

クリームファンデーション

クリームファンデーションは油分が多くこっくりとしたテクスチャーのファンデーションです。

カバー力、保湿力がどのファンデーションよりも高く、時間が経っても乾燥しないので、乾燥肌の方におすすめ。

ツヤのある仕上がりでキープ力とカバー力が高いですが、油分が多いのでその分肌への負担も大きいです。

 

クッションファンデーション

クッションファンデーションは、クッションに染み込ませたリキッドファンデーションを、パフで取り肌に塗って使用するファンデーションです。

パフで肌につけるため、手を汚す心配がありません。

保湿力が高く自然なツヤ肌に見せてくれます。

また、クッションファンデーション1つでベースメイクが完成するので、時短になります。

さらにクッションファンデーションの中に含まれている成分のほとんどが美容成分なので、ケアしながら肌悩みをカバーすることができるのが特徴です。

 

ミネラルファンデーション

ミネラルファンデーションは化学成分を使わずに、ミネラルを主成分としたファンデーションです。

他のファンデーションと比べると薄付きでナチュラルな仕上がりに。

ミネラル成分で肌に優しく石鹸で落とすことができるので、肌への負担が少ないのが特徴です。

 

質感

ファンデーションの質感で印象が大きく変わります。

ファンデーションで実現できる、肌の3つの質感を紹介します。

 

マット肌

マット肌とはツヤがなく、キメが整っている肌のこと。

陶器のようにすべすべとした肌で、マット肌は落ち着いた大人っぽい印象になります。

 

セミマット肌

マット肌とツヤ肌の中間で、自然なツヤがでます。

マット肌よりもナチュラルな印象に。

どんな場面にも合います。

 

ツヤ肌

ツヤ肌は全体的にツヤがあり、うるおいとハリを感じさせる肌です。

素肌感のあるナチュラルさが特徴で健康的な印象に。

ツヤがあると、肌に立体感を出してくれます。

 

ファンデーションとBBクリームとの違い

ファンデーションとBBクリームの違いはどのようなことがあげられるでしょうか。

BBクリームとの違いを説明します。

 

BBクリームとは「Blemish(傷)Balm(軟膏)」。

頭文字をとってBBクリームと呼ばれています。

BBクリームはカバー力の高さが大きな特徴で、毛穴、シミ、ソバカスなどの肌悩みをカバーします。

BBクリーム1つで日焼け止め、化粧下地、コンシーラー、美容液の効果も兼ね備えているので、メイク時間を時短することができます。

 

ファンデーションは肌を色むらのない均一な肌に仕上げてくれます。

また、人によって肌質や肌の色味などが異なるため、それぞれの悩みに合わせたベースメイクをすることが大切です。

ファンデーションにはさまざまな種類や色味、質感があるので、肌にあったものを見つけやすいのがファンデーションの大きな魅力です。

 

ファンデーションとCCクリームとの違い

ファンデーションとCCクリームの違いはどのようなことがあげられるでしょうか。

CCクリームとの違いを説明します。

 

CCクリームとは「Color Condition(カラー コンディション)」。

頭文字をとってCCクリームと呼ばれています。

CCクリームは肌の色むらを補正し、トーンを均一に整えます。

肌のくすみを飛ばし、透明感のある肌に。

そのためカバー力は低く、肌悩みをすべてカバーすることは難しいです。

ファンデーションとの大きな違いはカバー力の高さにあります。

 

ファンデーションを化粧品OEMで作るプロセス

打合せから納品までの流れを紹介します。

  1. 打合せ
  2. 試作品の提出
  3. 製品仕様の検討
  4. 製品処方の決定
  5. 契約
  6. 製造・生産
  7. 納品

打合せから納品されるまでに約6ヶ月がかかります。

企画や開発に3ヶ月、製造に3ヶ月かかると考えると、1つのオリジナル製品を開発するにあたり、約半年ほどかかります。

全てがスムーズに進むとは限りませんので、トラブルや予想外のできごとに備えて余裕を持ったスケジュールを組み立てましょう。

 

ファンデーションを化粧品OEMで作るポイント

ファンデーションを化粧品OEMでつくるときのポイントについて紹介します。

まず最初にすべきことは、製造先を決めるためにさまざまなOEM会社にアプローチすることです。

OEM会社によって、得意分野や実績が異なるため事前にリサーチをしたり、展示会に参加することをおすすめします。

希望に合ったファンデーションを製造できるかどうかはOEM会社にかかっているため、重要なポイントです。

信頼できるOEM会社を選びましょう。

オリジナル製品の種類やコンセプトを明確にする

販売されているファンデーションの数は非常に多く、ただ作るだけでは競合製品に埋もれてしまいます。

製品のアピールポイントや、パッケージデザインなどの見栄えも売上に大きく影響します。

ターゲットはどんな人なのか、消費者はどんなものを求めているのかなど、コンセプトを明確にして、OEM会社に伝えることが大切です。

適切なロット数の設定

初めてのOEMは販売予測が立てにくいため、基本は小ロットからのスタートになります。

しかしロット数があまり小さいと割高になってしまい、利益が出にくくなってしまいます。

製造コストと販売価格をよく考えて、適切なロット数を設定することが大切。

ロット数をいっしょに考えて、親身になってくれるOEM会社を選ぶのがポイントです。

実績のあるOEM会社を選ぶ

ファンデーションの実績のある企業を選ぶことで、選択できる原料が豊富だったり、コストを抑えられたり、マーケティングのアドバイスを受けられるというメリットがあります。

OEM会社を選ぶ際には、実績について詳しく調べましょう。

 

まとめ

本記事ではファンデーションを作りたいと考えている方に向けて、ファンデーションの種類とBBクリーム、CCクリームとの違い、化粧品OEMで作る際のポイントをご紹介させていただきました。

ぜひ参考にしていただきながら、素敵なファンデーションを作ってくださいね。

問い合わせ

 

Benten

ファンデーションの化粧品OEM
SNSで最新情報をチェックしよう!
>化粧品OEMビジネスマッチングサイト 「Benten」

化粧品OEMビジネスマッチングサイト 「Benten」

化粧品OEMを探している、オリジナルコスメと作りたい、D2Cブランドを作りたいなど化粧品のあらゆる悩みを解決するビジネスマッチングサイト

CTR IMG