化粧品の包装機械のおすすめ

化粧品製造に関する知識 おすすめの包装機械について

化粧品の包装機械のおすすめ

 

充填された化粧品容器は箱に入れられ、必要ならフィルムパッケージが行われます。

この作業は人の手でも行われますが機械で行うのが主流で、そのときに活躍するのが「包装機械」です。

この記事では、化粧品の自社ブランド立ち上げを考えられている方に、化粧品の包装の種類や方法、包装機械について解説します。

 

化粧品の包装の方法と包装機械

化粧品の包装はアッセンブリともいわれていて、箱を組み立てて商品を入れたり、セット商品をまとめて箱詰めや袋詰めにしたりします。

シュリンクは箱や商品の外側をプラスチックフィルムでピッタリ覆うことです。

 

アッセンブリ(梱包)

化粧品でアッセンブリというと、パッケージを組み立てて内容物を詰め込むことを指します。

商品の箱詰めは大まかに

  1. 箱組み:化粧品を入れる箱を組み立てる
  2. 箱セット:組み立てた箱に化粧品容器や説明書などの付属品を入れる
  3. 梱包:シールやラベルを貼る、セット商品をまとめる、袋や箱への詰め合わせを行う

といった流れで行われます。

 

シュリンクの方法

シュリンクは必要に応じて化粧品の容器や箱にかけられるもので、種類は大きく分けて3つのタイプがあります。

全体シュリンク

商品全体をフィルムで覆う一番ポピュラーなタイプです。

改ざん、いたずらや店頭での開封防止、防塵、商品の保護が目的となります。

L型シュリンク、ピローシュリンクなどがあります。

オリジナル

帯状のフィルムを商品に帯状に巻いたタイプで、商品サイズに合わせてシュリンクします。

キャッププシュリンクは、容器のキャップ部分を覆うもので、主に開封の防止やキャップの固定が目的です。

Rシールは、容器の底面以外を覆い、商品の保護や箱詰めをせずにすませるために行ないます。

キャラメルタイプ

ラッピング包装を開け易くするために、赤、白、透明の細い「テアテープ」を巻き、それを回してはがすと簡単に包装がむける包装の事です。

キャラメルやチョコレートの箱に初めてこの包装が使われた事で、このように呼ばれています。

 

シュリンクフィルムの種類

シュリンクフィルムは熱を加えることにより縮む性質を持っています。

素材には以下のものがあります。

 

PET

最もポピュラーな素材です。

物理的強度への耐性に優れているほか、使用インクが耐薬品性にも優れており、医薬品・化粧品分野での採用が多くなっています。

 

OPS

PETと比較して低コストで、日本国内ではポピュラーな素材です。

ただし、使用インクが薬品や油にやや弱いのが欠点です。

 

ハイブリットタイプ

OPSをPET薄膜でサンドイッチした多層構造になっています。

PETの強度・耐薬品性とOPSの低コストのいいとこ取りができます。

 

ポリオレフィン(PE)樹脂

ポリオレフィン樹脂は、熱・衝撃・引張り・絶縁・耐薬などに優れた特徴を活かして幅広く利用されています。

化粧品や医薬品、食品などの複数同包装に適しています。

 

環境配慮タイプ

「プラビオ®」のようなサトウキビ原料を一部配合した、環境を配慮したフィルムです。

 

シュリンクをする目的

製品をシュリンクする目的は以下のとおりです。

 

  • 保護

シュリンク包装は容器全体を覆うことができるため、商品の保護・異物混入防止の効果があります。

開封前ということがわかり、店頭で商品を開封されてしまうことの防止に役立ちます。

 

  • 高級感をもたせる

シュリンクをすると商品に高級感が出ます。

特に化粧品の箱は光る部分が多いので、指紋などの跡が気にならなくなります。

 

  • 集積

複数の商品を1つにする際、商品によってはシュリンクで簡単に行うことができます。

箱やテープなどの資材がいらず、シールなどの手間も軽減します。

 

  • 箱や袋のかわり

箱詰めや袋詰をせずにシュリンクを最終包装にすることで、コストダウンや店頭に並べやすくする効果もあります。

スタンドチューブやディスペンサーボトルなどシュリンクした商品を店頭に並べることができます。

 

シュリンク包装機の加熱方式

シュリンク包装機とは商品に装着したシュリンクフィルムを収縮させる機械で、加熱方式はいくつかのタイプによって別れます。

 

シュリンクトンネル

シュリンクトンネルは、シュリンクフィルムで包んだ製品を熱風が吹いているトンネル内に通すことによって収縮させる方法です。

熱の掛け方には3つの方式があります。

蒸気式:熱のかかり方は均一ですが、水滴の除去が課題になるのと、装置が大掛かりになるのが欠点です。

熱風式:機械は小型で済むのですが、熱のかかり方は均一性に欠け、仕上がりが美しくないのが難点です。

熱旋風式:熱風式の欠点であった熱のかかりムラを改良されて、近年こちらが主流になっています。省スペースで効率よくシュリンクできます。

 

工業用ドライヤー(ヒートガン)

シュリンク包装は工業用ドライヤーでも行うことがあります。

主にシュリンク包装の数量が少ない場合や、シュリンクした商品の手直しなどで使われます。

均等に熱をかけるのに技術がいります。

 

L型三方包装機とピロー三方包装機

容器全体を包装するための包装機は、主にL型三方包装機とピロー三方包装機があります。

 

L型三方包装機

2つ折りにされたフィルム(半折フィルム)を用いて、フィルムの折り目以外の三面をシールする包装機です。

シール線はコの字になります。

手動・半自動・全自動があり、中低速機ではありますが包装寸法を容易に変えられるため、多品種小ロット向きです。

 

ピロー三方包装機

フィルム(フラット原反)を用いて、枕(ピロー)の縫い目のように、H型(三面)にフィルムをシールする包装機です。自動運転され、一定の大きさのものを高速で包装するため、単一品種大量生産向きになります。

シール線の向きによって正ピロー、逆ピロー、縦ピロー、横ピロー等があります。

 

化粧品にオススメの包装機械

化粧品のシュリンク包装をするのに向いている、オススメのシュリンク包装機を紹介します。

 

株式会社シロ産業 シュリンク包装機/品番 M3189WH-5540S

1ヶ所にてシールと収縮が同時に包装可能です。

小型機で操作も簡単なため、少量生産には最適で経済的な包装機になります。

包装がより美しく、しっかりとしたものになります

扱いが簡単で、オペレーターは一人でシュリンク包装可能です。

透明カバーにて収縮の様子を確認できます。

 

関連URL:https://www.ipros.jp/product/detail/2000593882

 

ケーユーシステム株式会社 シュリンクトンネル『MS1300ND』

トンネル式のシュリンク包装機です。

超遠赤外線を使用で、化粧品・エアゾール品の品質劣化を防いで包装できます。

シュリンクトンネル『MS1300ND』はMSシリーズの上級機です。

30数年収縮トンネル作りに携わってきた老舗メーカーのノウハウがぎっしり詰まっています。

 

関連URL:https://www.ipros.jp/product/detail/2000375691/

 

カッテイングエイジ てまきボーイ

あらゆる形状箱を包装可能なキャラメル包装機で、5~50mmの高さの箱を包装する事が可能です。

熱風で溶かす「シュリンク包装」とは異なり、高級感が有り、ユーザー、特にお年寄りが簡単に開けやすい点がよろこばれます。

小型卓上機で小ロット生産に向きです。

てまきボーイは手動ですが、ヒーターを下すだけの簡単な操作で誰でもキレイにシュリンクできます。

可能寸法範囲内であれば、あらゆる形状の箱やケースをラッピング可能な、世界で唯一の万能卓上包装機です。

テアテープ付フィルムは、1,000枚がセットで、テアテープの色も白、赤、透明が選べます。

 

関連URL:https://cuttingedge-tech.jp/product/temaki.html

 

まとめ

化粧品の包装は、アッセンブリといわれる箱詰めや、箱や容器を包むシュリンク包装があります。

どのような包装にするのがいいか悩んだら、プロに相談しましょう。

この記事を参考にして、素敵な化粧品を作ってください。

問い合わせ

 

Benten

化粧品の包装機械のおすすめ
SNSで最新情報をチェックしよう!
>化粧品OEMビジネスマッチングサイト 「Benten」

化粧品OEMビジネスマッチングサイト 「Benten」

化粧品OEMを探している、オリジナルコスメと作りたい、D2Cブランドを作りたいなど化粧品のあらゆる悩みを解決するビジネスマッチングサイト

CTR IMG