化粧品メーカーのtwitter運用・広告について

化粧品メーカーのtwitter広告

 

近年は化粧品の広告にTwitterが使われ、効果をあげています。

自社でも運用をはじめてみたいと思っても、どのようにTwitterを運用すればいいのかわからないことだらけですよね。

そこでこの記事では、Twitterを使った広告の打ち出し方と、Twitterで話題の「中の人」や「インフルエンサー」を使ったマーケティングについて解説します。

 

化粧品広告に有利なTwitterの特徴

ツイッターは20代から40代の使用率が高く、化粧品のメインユーザー層と共通しています。

文字数も少なく、写真と動画も簡単に投稿できる上、投稿やプロフィールに簡単にURLがリンクできるため、他媒体への共有もしやすいのが利点です。

簡単に情報収集と発信ができるので導入しやすく、多くの企業が利用しているのも特徴の1つといえます。

Twitterの強みは、何といっても情報の拡散性とリアルタイム性です。

「リツイート」機能により、他のSNSと比較して情報のシェアの速度と量が圧倒的で、フォロワーのフォロワー、その先のユーザーにまで広く情報が拡散されます。

また、世の中の人が興味を持っていることや、商品やサービスの評判などのトレンド情報が検索しやすいことも強みです。

弱みは短文のコミュニケーションであることで、Twitterには全角140文字(半角280文字)の制限があり、伝え方には十分な工夫が必要です。

「Twitterは炎上しやすい」とよく言われますが、この文字数制限も大きな要因のひとつとなっています。

 

化粧品メーカーの twitter 広告運用8つのポイント

Twitter運用するときには、以下の点を押さえてアカウントを育てていきましょう。

戦略を決める

まずはどのようなアカウント運用にするか戦略を立てます。最初に決めることは3つあります。

  • ターゲットのペルソナを決める
  • KGI「最終的な目標」・KPI「最終的な目標を細分化した中間的な目標」を明確にする
  • 運用コンセプトを決める

ターゲットのペルソナを設計する際は、しっかりしたマーケティングを行いましょう。

感覚だけで決めてしまうと、存在しないペルソナを作ってしまう可能性もあるからです。

外部データを使って調査したりするなど、ペルソナの根拠となるデータを収集して、商品を届けたい層の行動や興味関心を性格に把握します。

そのうえで、競合他社や人気のアカウントがどういった運用を調査します。

特最初のうちは、人気アカウントの運用方法をマネしてみるのも有効な手段です。

Twitter運用はトライ&エラーの繰り返しなので、まずは成功例をマネしてみて、自社に最適な方法にアレンジしていきましょう。

 

炎上対策をする

Twitterは拡散性の高いメディアで、炎上しやすい特性があります。

気をつけていても些細なことで炎上を招いてしまうことがあるので、火種になりそうな投稿はしないように注意する必要があります。

ネガティブな情報ほど拡散したくなるのが人の心理で、企業の悪いニュースや火種となるツイートは一気に拡散されます。

火種となりやすい話題としては、政治、宗教、経済格差・地域格差などのセンシティブな話題や、性差別・セクシャリティにまつわること、スポーツ、スキャンダルなど、一定の傾向があります。

炎上が起こりやすい多い業界は、芸能界や情報通信、公務などが上位です。

このため、Twitterを活用する企業は、例外なく炎上対策を行う必要があります。

 

反応の良い投稿をおこなう

Twitterでは「リツイート」を使って情報を拡散します。そのためフォロワーがリツイートしたくなるような、反応の良い投稿をすることを心がけましょう。

Twitterトレンドは必ずチェックして、社会文脈に沿った投稿をすることで反応を高められます。

直近の例でいえば、マスクの需要に伴ったマスクメークが挙げられます。

また、季節ごとの美容の悩みなど、その時々の社会文脈に合わせた投稿は、高いエンゲージメントにつながります。

 

タイムラインで埋もれない投稿にする

ユーザーの目に留まるためには、画像の見映えや改行の使い方、絵文字の使い方など、さまざまな工夫を凝らすことが重要です。

特にコスメや化粧品はイメージが大事ですので、リツイートの多い投稿を参考にして目に止まりやすい投稿にしましょう。

2021年5月にiOSとAndroidのTwitterアプリでは画像の縦長表示ができるようになったため、縦長の画像を使って画面占有率を上げるなど、新しい手法に取り組んで多くのユーザーの目にとまるようにしましょう。

 

Twitterアナリティクスを活用する

投稿をするだけでなく、月次または週次で定期的に振り返って効果を分析します。

どんな投稿ならエンゲージメントが伸びやすいのか、どんな投稿だと関心が薄いのか、これらを分析して投稿をブラッシュアップすることで、フォロワー数が伸びていきます。

 

双方向のコミュニケーションをする

Twitterは情報発信だけでなく、ユーザーとのコミュニケーションのツールになります。

そのためには

  • 「いいね」や返信をする
  • カジュアル以上、ビジネス未満の文章スタイル(口調)で投稿する
  • 定期的な運用を心がけ、ネタ切れ防止のため投稿プランを立てる
  • アクティブサポートで、商材ユーザーやファン、ライトユーザーと交流する

といった活動が必要です。

Twitterでは、普段は接することのできないユーザーの本音が見える可能性があります。

商品使って喜んでいるツイートを見つけたら、お礼のコメントを返してみたり、逆にクレームのツイートを見かけたら、謝罪とサポートを行ってみましょう。

こまめなコミュニケーションが、自社ブランドのファンを増やします。

 

Twitterキャンペーンを実施する

当選者にはプレゼントが当たるといったキャンペーンです。

  • フォロー&リツイートキャンペーン
  • フォロー&引用リツイートキャンペーン
  • フォロー&ハッシュタグ投稿キャンペーン

といったものがあります。

当選者が当選報告をリツートしてくれることで、より拡散されます。

 

Twitterで効果をあげている運用2つ

Twitterでの運用で話題になっている運用方法を紹介します。

Twitter運用に人気の「中の人」

SNSでの「中の人」は、Twitterで広まった言葉で、SNSの企業アカウントを社内で運用している人を指します。

その企業の窓口として、商品やサービスについての告知だけでなく、親近感がわく人間味のあるメッセージを投稿することで、多数のフォロワーを獲得しています。

運用には

・アカウント運用に特化した人材が必要

・タイムリーな投稿を瞬時に投稿できる社内環境を確保

・担当者の努力とSNSライティングのセンスが必須

・フォロワー、商材ファン、またそれ以外のライトユーザーともコミュニケーションをとる

といったことが必要で、センスある運用者を専任で作る必要があります。

 

インフルエンサーマーケティング

主にSNSで大きな影響力をもつ「インフルエンサー」にブランドの製品やサービスを紹介してもらうコミュニケーション型マーケティング手法です。

Twitterで活躍しているコスメインフルエンサーに商品をPRしてもらうことで、自社アカウントを1から作り上げるより時間的な節約ができます。

Twitterには「コスメインフルエンサー」と呼ばれる化粧品に関する投稿で人気のインフルエンサーがいます。

インフルエンサー代理店もあるので、ブランドのイメージに合ったインフルエンサーに依頼するのもいいかもしれません。

 

まとめ

Twitterは拡散性が高く、うまく運用できれば自社ブランドの広告をリアルタイムでできる強力なツールとなります。

ぜひ、上手に活用して自社ブランドを広め、ユーザーを獲得していってください。

 

執筆者:OEMビジネスドットコム 編集部(株式会社Cogane studio)

OEMビジネスドットコムのコンテンツ作成を担当しています。株式会社Cogane studioでは、化粧品や健康食品ビジネスに関するマッチング、専門的な情報発信を行っています。

 

化粧品、健康食品ビジネスでお困りごとがあるお客様は是非下記フォームより

ご連絡ください。後ほどスタッフよりご返答させて頂きます

 

 

化粧品メーカーのtwitter広告
SNSで最新情報をチェックしよう!
>化粧品OEMビジネスマッチングサイト 「Benten」

化粧品OEMビジネスマッチングサイト 「Benten」

化粧品OEMを探している、オリジナルコスメと作りたい、D2Cブランドを作りたいなど化粧品のあらゆる悩みを解決するビジネスマッチングサイト

CTR IMG