メークアップ製品の化粧品OEM

メークアップ製品を化粧品OEMで作る方法

メークアップ製品の化粧品OEM

#メークアップ製品、#メーキャップ #化粧品OEM #作る方法 #ポイント #ベースメイク #ポイントメイク #化粧下地 #ファンデーション

自社ブランドのメークアップ化粧品を新たに製造したいと思ってもわからないことばかりですよね。

一口にメークアップ化粧品といっても種類はたくさんあって、それぞれに特徴があり処方や製造法も異なります。

そこで本記事では、メークアップ製品のOEMを初めて検討している方に向けて、メークアップ製品の役割や種類、OEMで作る方法やポイントについて説明します。

化粧品OEMマッチングサイトBenten

メークアップ、メーキャップ化粧品とは

メークアップ化粧品には大きく分けて、「ベースメーク」と「ポイントメーク」があります。

ベースメークは化粧下地やファンデーションなどで、メークの土台となります。

ポイントメークはアイメークや口紅など、目元、口元など部分的に使うものです。

化粧下地(メークアップベース)

化粧下地はファンデーションの前に塗ることにより、含まれる油性成分がパウダータイプのファンデーションのつきと伸びを良くして化粧持ちを良くします。

リキッドタイプとクリームタイプがあり、リキッドタイプはサラッとしていて伸びがよく、ベタつきを感じにくいので、夏場に好まれます。

クリームタイプは油分の配合量が多く、カバー力も高いのが特徴です。

油性成分が主体ですが、他にも皮膚の凹凸補正に粉体高分子や無機高分子を配合して肌をなめらかにしたり、紫外線散乱剤も配合して紫外線防御効果を追加したりします。

美白ケアや肌色補正機能などをもたせることもあります。

ファンデーション

ファンデーションはシミ・ソバカスなどの欠点を隠して肌を美しく見せる効果と、紫外線や乾燥などから肌を守る効果があります。

肌の色を好みの色に変え、肌にハリとツヤ、透明感を与える働きもします。

パウダータイプ、クリームタイプ、リキッド(液状)タイプ、クッションタイプの4種類に分けられ、使う人の肌質や季節によって使い分けるものです。

ファンデーションは粉体成分、色材(色味をもたせるもので顔料やパール剤など)、基材(油性成分や保湿成分、成分を均一に分散させる界面活性剤など)で構成されています。

おしろい(白粉・フェースパウダー)

おしろい(白粉)はフェースパウダーともいい、油分が含まれないのでさらっとした軽いつけ心地です。

皮脂やファンデーションの余分な油を吸収して、テカリを抑えなめらかで自然な肌を作ります。

また、化粧崩れ防止や、簡単な化粧直しにも用いられます。

剤型はルースパウダー(サラサラの粉状)とプレストパウダー(圧縮した固形状)の2種類です。

タルクを主体として、白色顔料や着色顔料を配合して作られます。

アイメークアップ

目元を美しく印象的に彩るために使われる化粧品です。

  • アイシャドウ
  • アイライナー
  • マスカラ
  • アイブロウ(眉墨)

の4種類が主に使用されます。

アイシャドウ、アイライナー、マスカラは涙によって崩れないことが求められるため、ウォータープルーフという耐水効果を与えるのが一般的です。

アイシャドウはパウダータイプやクリームタイプが好まれます。

アイライナーは繊細な化粧を施すためにペンシル、クリームなどにします。

粉体ベースに着色顔料を混合し、油性成分に分散させて製造されます。

アイメークはポイントメークの中でも特にカラーバリエーションが多く、剤型もさまざまです。

口紅(リップカラー・リップスティック)

口紅は唇に色を付け、輝きや艶を与えて魅力的な外観にするために使われるものです。

経時変化したり、接触したものに移ったり、色落ちしないことが求められています。

スティック状になっているのが一般的です。

油性成分の固形状のワックス、オイル、ペースト状成分が基材となり、色や輝きを出すために有機合成色素、無機顔料、パール剤、天然色素を配合します。

頬紅(チークカラー・ブラッシャー)

頬に陰影をつけたり、顔の血色をよく見せたりするためのポイントメーク化粧品です。

パウダーチーク、クリームチーク、リキッドチークの3種類があります。

パウダーチークはルースパウダー(サラサラの粉状)とプレストパウダー(圧縮した固形状)の2種類です。

成分はファンデーションとほぼ同じですが、メークのイメージに合わせて多様な色やトーンを出すために、さまざまな色材が使われます。

ネイルエナメル(マニキュア)

ネイルエナメル(マニキュア)は、爪に光沢と彩りを与え、爪を保護する役割があります。

  • ベースコート
  • トップコート
  • ネイルエナメルリムバー

の3種類があります。

ベースコートは、爪との密着性を高める役割があります。

トップコートは、塗布することによりエナメルのもちをよくして光沢をもたせます。

ネイルエナメルリムバーは、いわゆるマニキュア落としで、塗布したベースコートやトップコートを落とします。

成分は色材、可塑剤、揮発性溶剤、皮膜形成高分子です。

皮膜形成高分子はニトロセルロースやアルキド樹脂が使われます。

メークアップ化粧品をOEMで作るポイント

メークアップ製品をOEMで作るときに押さえておきたいポイントが4つあります。

製品の種類やコンセプトを明確にする

化粧品のブランドは新規の参入も非常に多く、ただ作るだけでは競合製品に埋もれてしまいます。

マーケティングを含めて、製品のアピールポイントや想定するユーザーへの訴求をしっかり処方に落とし込むことが必要になります。

実績のある企業を選ぶ

メークアップ製品は処方によって発色や使い心地が大きく変わります。

実績のある企業を選ぶことで、処方のバリエーションが多かったり、コストを抑えることができたり、企画やマーケティングの助言が受けられたりします。

OEM先を選ぶ際には、実績について詳しく調査しましょう。

必要なステップを把握する

化粧品のOEM生産は以下のステップで行ないます。それぞれの段階で密にコミュニケーションを取ることで、納得のいく製品ができあがります。

  1. 打ち合わせ
  2. 試作品の提出
  3. お見積り提出
  4. ご発注
  5. 製造・納品

打ち合わせでは作りたいメークアップ製品のイメージや種類を決め、処方をすり合わせます。

それから試作品の提出とフィードバックが繰り返されて、製品の処方が決定します。

処方が確定したら見積もりを提出し、合意が得られたら発注となります。

発注を受けて製造が開始され、製品が納品されます。

スケジュールは余裕を持つ

一般的に最初の打ち合わせから製品が納品されるまでに半年ほどかかります。

特に初めてのOEMだと分からないことも多く、スムーズに製造までいかない可能性もあります。

途中で変更が生じてしまうと期間は更に延びてしまうので、余裕を持ったスケジュールにしましょう。

小ロットではなく経済ロットで作る

売れるかどうかわからない初回の製造は小ロットで作りがちですが、小ロットだと逆にコストが高くなっていしまうことがあります。

そこで、一定のロット数にして原価を押さえ、利益の出る経済ロットで作ることをおすすめしています。

処方する内容で経済ロットは変動しますので、打ち合わせの段階でコストも含めてしっかり検討しましょう。

まとめ

メークアップ化粧品は種類も多く、剤型も多彩です。

この記事では、メークアップ製品を作りたいと考えている方に向けて、化粧品の種類とOEMで作る際のポイントをご紹介させていただきました。

ぜひ参考にしていただき、素敵なメークアップ化粧品を作ってくださいね。

 

メークアップを作れる会社をお探しならBentenへ

化粧品OEMマッチングサイトBenten

化粧品ビジネスマッチングサイトBenten

メークアップ製品の化粧品OEM
SNSで最新情報をチェックしよう!
>化粧品OEMビジネスマッチングサイト 「Benten」

化粧品OEMビジネスマッチングサイト 「Benten」

化粧品OEMを探している、オリジナルコスメと作りたい、D2Cブランドを作りたいなど化粧品のあらゆる悩みを解決するビジネスマッチングサイト

CTR IMG