美白化粧品のOEMとトラネキサム酸

化粧品OEMトラネキサム酸を美白成分として使用できる?

美白化粧品のOEMとトラネキサム酸

トラネキサム酸はシミ(肝斑)に効き、高い美白効果を持つ成分です。

美白化粧品をプロデュースする際に、レシピに加えたいと考えている方も多いのではないでしょうか?

この記事では、トラネキサム酸の効能効果と、広告表現の注意点を解説します。

benten

トラネキサム酸について

トラネキサム酸は、メラニンの生成抑制や抗炎症などの作用があり、シミを予防・改善し、美白効果をもたらします。

どのような成分か

トラネキサム酸は、人工的に作りだされたアミノ酸の一種で、もともとは抗炎症薬や止血剤として医療の現場で使われてきた医薬品です。

じんましんの治療で服用した患者さんに処方したところ、肝斑の改善にも効果があることが発見され、2007年に一般用医薬品として新たな効能が認められました。

皮膚科でもシミ・そばかすの治療に使われている成分で、抗炎症作用により肌の炎症を鎮め、シミ・そばかすを予防することができます。

皮膚科では内服薬として使われています。

容量が多く効果が出やすいのですが、副作用もあるので医師・薬剤師の指導が必要です。

市販薬では1日の最大量が750mgで、医療用医薬品の場合は1日750mg~2000mgまで内服できます。

シミ生成のメカニズム

紫外線などのダメージを受けたとき、肌に炎症が起こります。

それにともない「プラスミン」や「プロスタグランジン」などの物質が生成され、メラノサイトという色素細胞の働きを活性化します。

メラニン生成が繰り返されることで、肌の中にメラニンがたまった状態(色素沈着が起こった状態)がシミやそばかすになります。

トラネキサム酸は、色素沈着抑制効果を持っているため、シミやそばかすを予防します。

トラネキサム酸の効能効果

トラネキサム酸は、シミの中でも肝斑に対してその有効性が確認されている成分です。

肝斑は、紫外線を多く浴び過ぎたときや、女性ホルモンが乱れてメラニンが多く発生することで起こりやすくなります。

トラネキサム酸は、プラスミンの働きを抑える作用があり、メラノサイトの働きを低下させることでメラニンの生成を抑制します。

トラネキサム酸の副作用

トラネキサム酸は副作用や危険性が非常に低い成分です。

トラネキサム酸の内服薬には「食欲不振」「悪心」「嘔吐」「下痢」「胸やけ」などの副作用が知られていますが、化粧品として使用する場合には、副作用はないので安心してください。

 

化粧品と薬用化粧品の違い

トラネキサム酸を含む化粧品には「医薬部外品」や「薬用」の表示がされます。

普通の化粧品とはどこが違うのでしょうか。

医薬部外品や薬用の表示のある化粧品

薬機法では薬用化粧品は”医薬品と化粧品の中間的な分類で、人の身体に対する作用の緩やかで機械器具等ではないもの”と定められています。

医薬品ほど作用が強くないけれども、厚生労働省により効能効果が認められていて、化粧品よりも一定の効果が期待できるものが薬用化粧品になります。

化粧品との違いは「有効成分」

「薬用化粧品」は、医薬品と化粧品の間の「医薬部外品」に当たります。

違いは「有効成分」が配合されていて、特定の効能効果が表示できるか否かです。

化粧品は

人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪を健やかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なもの

と薬機法で定められていて、効果効能の表現は制限されています。

「薬用化粧品」は、肌荒れや美白などの効果を持つ「有効成分」が配合されていて、定められた範囲での効能効果を表現できます。

成分表示の違い

化粧品の成分は、1%以上入っているものに関してはすべて配合量の多い順に記載するように定められています。

薬用化粧品は、全成分表示が不要になっているため、例えばパラベンといった保存料などは省略することが可能です。

許認可の違い

化粧品は都道府県への届出制で、申請することは比較的簡単です。

対して、医薬部外品は許可制になっており、製造発売前に厚生労働省の承認が必要になります。

薬用化粧品を製造販売する場合は、化粧品に比べて販売までの期間やコストが多くなります。

化粧品、健康食品ビジネスマッチングサイトBenten

トラネキサム酸を配合したときの効能効果の例

トラネキサム酸を配合した薬用化粧品では、どのような効能効果を表現できるのでしょうか。

してはいけない表現はどのようなものがあるのか具体例をあげて解説します。

標ぼう可能な効能効果

化粧品には56の効能効果の表現が認められています。

化粧品のシミ・そばかすに関する効果では、「日やけによるシミ・そばかすを防ぐ」が該当します。

このとき注意したいのは、「シミ・そばかすを防ぐ」という効能効果を表現する場合には、「日やけによる」と明記しなければいけない点です。

ただ単に「シミ・そばかすを防ぐ」と表示してしまうと違反になります。

トラネキサム酸配合の薬用化粧品ではさらに強く「メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ」と表記できます。

「メラニンの生成を抑える」は、作用機序が認められている成分のみに許される表現なので、この文言で一般化粧品より美白効果を訴求できます。

美白と表示できないの?

美白化粧品なのに効能効果に美白が入っていません。

「美白効果」、「ホワイトニング効果」は薬事法による承認を受けた効果ではないため、それだけで表記することはできないのです。

美白やホワイトニングの表現は、「しばり表現」を併記すれば認められる形になっています。

しばり表現というのは先程の「日やけによるシミ・そばかすを防ぐ」という表現です。

美白効果* *日やけによるシミ・そばかすを防ぐ

美白効果* *メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

といった表現をすることになります。

 

肌が変化するような表現はNG

美白効果のある薬用化粧品であっても、肌本来の色そのものが変化する旨の表現は認められていません。

  • 黒かった肌が白くなる
  • 使うほどに白くなる肌を実感
  • ホワイトニング効果で美しい白さが持続します
  • 美白効果で肌の白さを取り戻す
シミ・そばかすの改善はNG

できてしまったしみ、そばかすをなくす(治療的)表現は認められないので使用してはいけません。

  • できてしまったシミ・そばかすを消す
  • ホワイトニング効果でシミ・そばかすにサヨウナラ!
  • シミ・そばかすを残さず解消
シミ・そばかす以外はNG

承認効能以外のしみ、色素沈着などに対する効果をうたってはいけません。

  • 頑固なシミ、老人性斑点をふせぐ
  • クスミ、黒ずみの美白に
  • ニキビ跡の色素沈着を防ぐ
肌質改善はNG

美白化粧品だからといって、肌質が改善するような表現は禁止です。

  • 美白すれば肌は変わる
  • シミ、ソバカスの出来にくい肌に
効能効果の保証はNG

化粧品は効能効果を保証できるものではありません。消費者に必ず効果が出ると思わせる表現は禁止です。

  • 結果がみえる美白
  • 結果を感じるホワイトニング
  • シミ、クスミが目立たなくなり美白効果を実感
  • シミが消えない・・そんな私たちを満足させるホワイトニング
  • トラネキサム酸は、医薬品と同じレベルの試験により、有効性・安全性が明らかにされ~
  • 美白成分として有効性と安全性を明確に実証
最大級的な表現はNG

最大級適表現とは、消費者に効能効果や安全性に対する誤認を与えるとして使用が禁止されています。

  • 最高の美白
  • 他にはないホワイトニング効果
  • 強力なシミ・そばかす予防
  • 美白効果が一番ある

まとめ

トラネキサム酸は高いシミ予防効果があり、医薬品としても使われる成分です。

処方に取り入れれば「薬用化粧品」として、メラニン生成を抑制する効果を訴求できます。

しかし、化粧品では薬用化粧品であっても効果を保証したり、改善や治療的な表現はできないので注意が必要です。

この記事を参考にして、素敵な美白化粧品を作ってください。

OEMビジネスドットコムでは、優秀なOEMのコンサルタントをご紹介しています。

化粧品OEM、健康食品ビジネスマッチングサイトでは、化粧品や健康食品業界の悩みを解決することを目的に多数の優秀なコンサルティングをご紹介しています。

<参考例>

 

Bentenでは、業界に詳しいコンサルティングの方を全員面談して、優秀な方のみ登録制にしているため

  • コンサルティングの水準が高い
  • 業界でも有名な方が多い

人に登録していただいております。

  • 化粧品や健康食品を作りたいけど、どうしたらいいのか分からない…
  • OEMに依頼してけど、うまくことが進まない、、どうしよう
  • OEMに依頼したけど、何回打ち合わせしても、希望のものが出てこない…

という方には、かなりおすすめできます。

ぜひコンサルティングの方にコンタクトを取り、悩み事を相談してみてください。またよく分からないから紹介して欲しい方は下記のお問い合わせフォームよりご連絡ください

優秀なコンサルタント一覧はこちらから。なお依頼にはBentenの登録が必要です

Benten

Bentenは化粧品OEM, ODM, 化粧品ビジネスマッチングサイトです。化粧品OEM, ODMをお探しの方、その他化…

 

問い合わせ

執筆者:OEMビジネスドットコム 編集部(株式会社Cogane studio)

OEMビジネスドットコムのコンテンツ作成を担当しています。株式会社Cogane studioでは、化粧品や健康食品ビジネスに関するマッチング、専門的な情報発信を行っています。

 

化粧品、健康食品ビジネスでお困りごとがあるお客様は是非下記フォームより

ご連絡ください。後ほどスタッフよりご返答させて頂きます

 

 

美白化粧品のOEMとトラネキサム酸
SNSで最新情報をチェックしよう!
>化粧品OEMビジネスマッチングサイト 「Benten」

化粧品OEMビジネスマッチングサイト 「Benten」

化粧品OEMを探している、オリジナルコスメと作りたい、D2Cブランドを作りたいなど化粧品のあらゆる悩みを解決するビジネスマッチングサイト

CTR IMG