化粧品 販売員 人材不足

化粧品の販売員も人材不足?販売員の現状をご紹介

化粧品 販売員 人材不足

化粧品業界では、「営業担当者」や「販売員」が不足しており課題の一つに挙がっています。化粧品業界は、前例のないほど活気に溢れています。中国人の訪日客による高額化粧品の購入が拡大し、大手化粧品メーカーは全体的に売上高と利益を伸ばしています。経済産業省の生産動態統計によると、2017年の化粧品市場は1.6325兆円(前年比約7%増)であり、成長を続けています。新型コロナウイルスの影響で少し鈍化の傾向が見られますが、依然として強い成長力を維持しています。

美容部員の離職率について

美容業界は離職率が高く人材不足が課題の1つです。美容部員の離職率は約30%(海外ブランドは国内ブランドよりやや高い)と高く、平均就業期間は約2年と言われています。 入社後の新入社員研修に追いつかない、入社後のプレッシャーなどで早期退職する方もいます。業界全体では、給与水準の引き上げや治療の改善により快適な職場環境を整えていますが、美容部員の不足は慢性的な問題です。インバウンド顧客の増加により事業を拡大している店舗・メーカーは増加しているが、部員の供給が追いつかず、年間を通じて美容部員の採用が多い。

人材不足の課題

店舗で顧客にサービスを提供し、化粧品を販売するのに十分な美容部員がいません。厚生労働省が今年8月に発表した現役求人率(季節調整済み)は、前月比1.63倍と44年ぶりの高水準になっており、美容部員の応募者に対する求人比率は1.67と高くなっています。

(美容部員派遣会社のistyleキャリアの調査、https://is-career.istyle.co.jp/)

その背景には、店頭販売の強化があります。かつては通販でしか販売していなかった化粧品メーカーが、インバウンド観光客の増加により店頭販売を開始する動きを加速させています。美容部員を必要とするブランドの数が増えています。また、中国語や他の言語を解釈できる美容部員も不足しています。

企業は働く方法を模索

企業はこの状況に対処しようとはしていません。2014年以来、各社は臨時従業員を正社員にすることに注力してきました。2018年3月末現在、美容部員の約9割が正社員です。給与水準の引き上げやボーナスの引き上げなどの扱いを改善することで、既存顧客維持率を向上させました。業界では、資生堂やファンケルも正社員を募集しています。

派遣労働会社も人材を確保する方法を考案しています。アイスタイルのキャリアを持つ吉松徹郎社長は、「経験の浅い人でも、好きなブランドを好きなだけ話せる人材を確保したい」と発言しています。

例えば、同社が運営する化粧品の口コミサイトでは、商品写真の横に「働きたいボタン」を設置する。 美容スタッフに化粧品に強い関心を持っている人を惹きつけることを目的としています。化粧品業界は、当面は好調を維持します。 美容部員の確保や治療の改善に加え、業界全体で快適な職場環境を整えることが重要です。

化粧品の販売員は厳しい業界か

営業部員であるため、顧客にサービスを提供することが難しいという点で他の業界と変わりはありません。それに加えて、顧客へのスキンケアやメイクのアドバイスや化粧品の提供もおこなっており、正直なところ難しい仕事と言えます。また、化粧品の種類によって年齢が難しくなる場合は、対象者に合った年齢で退職してしまう可能性があります。それでも営業部員になりたい場合は、年齢に合ったブランドを選択してください。

これまでに培ってきたキャリアやスキルを活かし活躍できます。このように、年齢によって職場環境を変えなければならないため、化粧品の販売員として働くことは厳しい業界と言えます。

給料は高いのか

化粧品の販売員であっても、仕事によって時給は大きく異なります。同じ化粧品販売員が商品を売るだけなのか、お客様の肌に合わせたアドバイスをするのかによって、仕事量が変わるのは当然です。

ジョブボックス時給ナビゲーションの調査(https://www.nikkan.co.jp/releases/view/35496)によると、平均時給はアルバイト949円、臨時社員1,394円、正社員30万円です。

この金額を参考に正社員で働く場合の給与を計算すると、月給は約223,000円、年収は約268万円になります。正社員になると、給料が上がりボーナスが加算されます。また、昇給やボーナスなしで派遣やアルバイトをしていても、従業員割引が使えれば通常よりも安い価格で化粧品を手に入れることができます。気に入ったブランドなら魅力もあるので、コンディションも良いという方もいると思います。

研修は難しいか

多くの企業は、本格的に働き始める前に研修を受けています。主に肌質、お手入れ方法、化粧方法など美容関連のコンテンツを扱っています。初心者は専門的な知識を最初に学ぶので苦労するかもしれません。ただし、お客様に直接影響を与える仕事になりますので、頑張りましょう。研修を終えると、化粧品の販売員として安心して就職できます。

美容部員の仕事は何か

それでは、化粧品の販売員が実際に何をしているのかを説明しましょう。

化粧品営業部員と美容部員の違い

簡単に言えば、美容部員は「販売員やアドバイザーなどの化粧品販売に関わる仕事の総称」であり、化粧品販売員は「化粧品を販売する人」であるという違いがあります。名前が異なるので化粧品を販売する仕事を探すときは、必ず仕事の内容を確認してください。

販売およびカスタマーサービス

化粧品の販売員なので、当然商品を販売しています。店舗の方針により販売方法が若干変更になる場合があり、事前の確認が必要となる場合があります。セレクトショップなどでは、商品の陳列状況の確認、お客様へのサービス提供、レジの実施を行っています。ブランドショップやデパートなどでは、営業だけでなくアドバイザーとしても活躍する場合があります。

アドバイザー/カウンセラー

ブランドショップや百貨店では、お客様のメイク相談を行うアドバイザーやカウンセラーなどの事業をおこなっています。アドバイザーやカウンセラーという言葉を聞くと、特別な資格が必要な印象を受けますが、営業担当者としての業務である場合、資格が不要なところも多くあります。

代わりに美容とメイクアップ、カスタマーサービスのエチケットについての知識を学ぶ社内研修のようなものがあります。主に営業担当者は、顧客からの質問に答えるにはある程度の知識が必要です。アドバイザーやカウンセラーなどの専門的な仕事をしたい場合は、営業経験、専門学校の卒業、資格などが必要ですので注意してください。

製品在庫管理

営業部員として、製品在庫を管理することが重要です。可能な限り商品を追跡し、陳列棚から商品数が減ったら、補充して品切れにならないようにしています。また、裏の倉庫で商品を管理し、いつでも取り出せるように配置に気を配り、スムーズに補充できるようにしています。人気商品の場合、裏の倉庫から商品がなくなる可能性があります。このような場合でも、在庫管理をすれば在庫切れの商品があったとしても、次の到着日がわかれば、その旨を伝えて店に戻ることができる場合があります。

掃除を保管し、棚を整頓

作業前後や客数が減少した場合は、店舗の清掃や陳列棚の整理を行います。どの業界でも、同じ清掃作業と、棚に製品を陳列して整理する作業があります。接客や営業も優先しますが、店内はできるだけ見やすくするために店内を清潔に保つ業務もおこないます。

店内掲示板とメールの作成

ポスターや電子メールニュースレター、販売に関する通常のメールで送信される手紙を作成します。店頭に貼るポスターやセール品のPOPタグを用意し、新商品関連のメールアイテムや顧客へのクーポン作成などの舞台裏作業を行っています。

顧客情報管理

カウンセリングを行う店舗で必要ですが、カウンセリング時に提供されるお客様の個人情報の管理です。また、アンケートで受け取った情報の管理もそのひとつです。特にお客さま数が多い店舗では、お客さまの名前や肌のタイプ、よく購入する化粧品がわかるように、常にわかりやすく管理することが重要です。

まとめ

顧客の肌に関わる仕事なので資格は必要ではありませんが、最低限の知識が必要です。 他の職種に比べて若い方が多いです。また、離職率が高いため美容部員を目指すのあれば業界研究をして働き続けることができるのか見極めましょう。

執筆者:OEMビジネスドットコム 編集部(株式会社Cogane studio)

OEMビジネスドットコムのコンテンツ作成を担当しています。株式会社Cogane studioでは、化粧品や健康食品ビジネスに関するマッチング、専門的な情報発信を行っています。

 

化粧品、健康食品ビジネスでお困りごとがあるお客様は是非下記フォームより

ご連絡ください。後ほどスタッフよりご返答させて頂きます

 

 

化粧品 販売員 人材不足
SNSで最新情報をチェックしよう!
>化粧品OEMビジネスマッチングサイト 「Benten」

化粧品OEMビジネスマッチングサイト 「Benten」

化粧品OEMを探している、オリジナルコスメと作りたい、D2Cブランドを作りたいなど化粧品のあらゆる悩みを解決するビジネスマッチングサイト

CTR IMG